サイトマップ

株式会社テクニカル 公式サイト
会社概要
製品案内
バーコードリーダー USB バースキャン
バーコードリーダー USB バースキャン詳細仕様
バーコードリーダー USB バースキャン専用スタンド
バーコードリーダー USB バースキャンFAQ
バーコードリーダー USB バースキャン貸出機
販売終了のお知らせ
製品マニュアルのご案内
製品価格表
バーコードリーダー 保証・修理に関するご案内
商品取扱代理店
事業案内
ネット関連事業
コンテンツ事業部案内
関連事業案内
お問合せ
USB BARScan修理依頼書
USB BARScan修理見積書1
USB BARScan修理見積書2
USB BARScan修理見積書3
USB BARScan修理見積書4
USB BARScan修理見積書5

バーコードリーダー バーコード入門編/ハンドブック
バーコードとは
バーコードスキャナの種類と特徴
タッチタイプスキャナの構造図成
バーコードの構成
主要なバーコードの種類と特徴
JAN(EAN)-8/13(2001年1月改正)
PUTとNON-PLU
ソースマーキングとインストアマーキング
CODE39
lndustial 2 of 5
ITF(lnterleaved 2 of 5)
NW-7(CODABAR)
UPC-A/E
CODE93
CODE128
バーコードを選ぶポイント
チェックデジット算出方法>
バーコードの体系(JANコードの変更に付いて)
応用事例
バーコードキャラクタ
マルチレベル系バーコード(JAN)
マルチレベル系バーコード(CODE128)
バーコードを読み取る仕組み
PCS値
テクニカル バーコードフォント

バーコードリーダー バーコード活用編/ハンドブック
パソコンにバーコードリーダーを導入する
バーコードリーダーで読み取ったバーコードの値をセルに入力する
バーコード用フォントとは
バーコード用フォントをインストールする
入力した商品コードの値をバーコードに変換して別のセルに表示する
バーコードが表示された表を印刷する
Wordの差し込み印刷を使って、商品ラベルをバーコード付きで印刷する
差し込み印刷の参照元となるワークシートの作成
差し込み印刷を行うための設定
JANコードとは
ワークシートにJANのバーコードを表示させる
「Mi Barcode」とは
「Mi Barcode」を利用するための設定
「Mi Barcode」を使ってワークシートにJANのバーコードを表示させる

バーコードリーダー バーコード応用編/ハンドブック
Accessを使うとこんなバーコードが作成できる!
Excelとの違いとAccessでバーコードを作成するメリット
レポートにバーコードの表示
バーコードの印刷サイズの変更
バーコードの種類の変更
バーコードの基のデータの値を隠す
バーコードの向きをカスタマイズ
Excelのデータをバーコードで利用出来る様にする
【実践サンプル1】同時に24枚印刷可能な値札バーコードの作成
【実践サンプル2】切取可能なクーポン形式のバーコードの作成
【実践サンプル3】英字や記号が混ざったデータのバーコードの作成
【実践サンプル4】少ないスペースでコンパクトに印刷できるバーコードの作成
【実践サンプル5】郵便料金を節約できるカスタマバーコードの作成

BAR Scanマニュアル
バージョン情報・訂正、変更箇所について
目次
はじめに
セットアップ方法
ディップ・スイッチの設定
ディップ・スイッチの設定
操作方法(初期設定値)
セットアップ方法
セットアップ方法
セットアップ方法
デリミタキーの設定
操作方法
設定方法
データ転送手順
スイッチ機能
その他の機能
ヘッダの設定
UPC-A / UPC-E / EAN-13 / EAN-8の設定
UPC-A / UPC-E / EAN-13 / EAN-8の設定
CODE39の設定
2 of 5 Standardコードの設定
2 of 5 Interleaved コードの設定
CODE93の設定
CODE128の設定
スイッチの設定
スイッチの設定
その他の設定
その他の設定
設定データ
BARScan仕様
寸法図

DOS/V ENTRY-1 User's Manual
DOS/V ENTRY-1 User's Manual はじめに
DOS/V ENTRY-1 User's Manual
DOS/V ENTRY-1 User's Manual
F1 フルキーボード選択
F2 キーボード選択
F3 入力スピード設定
F4 キーリピート設定
F5 キークリック音設定
F6 エコーバック設定
F7 リターン処理選択
F8 初期画面表示設定
F9 バーコードリーダ選択
F10 フルリセット
F11 バージョン表示
外形寸法図
コネクタピン配置

PC ENTRY-1 User's Manual
PC ENTRY-1 User's Manual
PC ENTRY-1 User's Manual
PC ENTRY-1 User's Manual
F1 キーマクロ設定
F2 キーコンデータ設定
F3 ユーザーキャラクタ
F4 電卓
F5 パスワード設定
F6 拡張ポート設定
F7 フルキー配列選択
F8 環境設定
F9 リセット
F10 バックアップモード
第3章 プログラミング
/manual/pc_entry-1/chapter3/basic.txt
第4章 コマンドリファレンス
00H エントリー1 イニシャライズ
第4章 コマンドリファレンス
第4章 コマンドリファレンス
第4章 コマンドリファレンス
第5章 関係資料
フルキーボード キー番号
キーコード表
LCDキャラクタコード表
機能コード表
あいうえお配列表
使用信号線
I/Oポート表
外形寸法図
仮想画面とは
表示画面とは
キーコンとは
キーコン・キーマクロ コマンド注意事項

RS ENTRY-1 User's Manual
はじめに
製品概要
動作テスト
ヘルプサービス
フルリセット
ROMバージョン表示
メモリバンクセレクト
パススルー
ESCコマンド
商品価格検索システムサンプルプログラム
ユーザープログラム
BIOS
ダウンロード
プログラムのROM化
リファレンス
コマンドファンクションコール一覧表
コマンドファンクションコール一覧表
コマンドファンクションコール一覧表
コマンド・ファンクションコール
02H オープニングメッセージ設定
04H パススルー設定(チャンネル1→チャンネル2)
06H IDコード設定
10H 通信パラメータ設定 チャンネル1
12H 送信データ一時中止 チャンネル1
15H 送信禁止 チャンネル2
18H ヘッダー設定 チャンネル1
1AH デリミタ設定 チャンネル1
1DH データ送信 チャンネル2
20H ACK/NAK設定 チャンネル1
23H コマンドチャンネル変更
26H 1バイト送信 チャンネル1
2AH 送信バッファクリア チャンネル1
30H キー入力許可
33H 指定キーリピート許可
35H LCD表示データ設定
37H RS232C出力データ設定
3AH パケットサイズ設定
3DH キーデータ取得
3FH LCDエコデータ取得(SHIFT時)
41H RS232C送信データ取得(SHIFT時)
43H キーデータ バッファリング設定
50H LCD表示設定
51H 画面クリア
54H ユーザーキャラクタ設定
55H 全画面データ設定
58H カーソルロケート
5AH カーソル追従設定
5CH 画面表示エリア取得
5FH インサートモード設定
61H 受信データ表示設定
70H ユーザープログラム読み込み
71H ユーザープログラム実行
RSエントリー1 キー番号表
LCDキャラクタコード表
機能コード表
キー押下出力データ表
通信パラメータ表
外形寸法図
使用信号線
ディップスイッチ表

STREAM
はじめに
特徴
付属品
ご使用上の注意
設置場所について
電源について
各部の名称とはたらき
接続方法
INSネット64への加入手続き
DSUとコネクタの設置
パソコン通信
電話、FAXをつかう
その他の便利な機能
高速デジタル専用線(Iインターフェイス)での通信
ATコマンドの体系
コマンド
コマンド説明
Sレジスタ
リザルトコード
コマンド説明
コマンド説明
コマンド説明
コマンド説明
高度な設定の説明
データポート設定項目
プログラムダウンロード
ダウンロード手順

usb-barscanv3のマニュアル
usb-barscanv2のマニュアル