6.2 ダウンロード手順
  1. パソコンと本機器を付属のRS232Cケーブルにて接続を行い、ターミナルソフトを動作させます。


    Windows95の場合は、Hypertermを使用
    Windows3.1, Windows-NTの場合は、Terminalを使用
    Macintoshの場合は、フリーウェア(本に添付される物等)を利用
  2. ターミナルの通信速度を、ディップスイッチにて設定した速度に合わせるか、又はディップスイッチが全てOFF(工場出荷時の内容)の状態であれば、自動認識となりますので、まずAT(CR)と入力して、OKが表示される事を確認します。
  3. ダウンロードコマンド ATDOWNLOAD(cr) を入力します。
  4. 以下のメッセージが出力され PowerLEDが点滅します。


    Stream Program Loader Ver 1.02
    Copyright Technical Corp.

    Please Transfer Program data.

    万一、誤ってこの状態になってしまった場合は、ここで電源を切り、再投入する事でこれまで動作していたプログラムにて動作を行います。
  5. テキストファイルの転送(無手順)を選択します。
  6. ダウンロードしたいプログラムのファイル名(XXXXXX.BIN)を選択する事により、ダウンロードが開始されます。
  7. ダウンロードが正常に開始された場合は、以下のメッセージが出力され、ピリオド.が少しづつ増え動作している事を通知します。
    ダウンロード中は、本体SDランプが殆ど点灯状態となり、RDランプがときどき点滅します。(ターミナルの種類によっては、完了するまで、以下のメッセージが表示されないものがあるので、ランプで確認を行なう)


    Download Starting.
    Module Name = [VER1.001]
    ............
  8. ダウンロードが終了すると、以下のメッセージが出力されメモリへの書き込みに遷移した事を通知します。


    ..................
    Memory change Starting.
    メモリへの書き込みに入りますと、以下のLEDが追加点灯され進捗が伺えます。
    メモリ書き込みの開始 B1点灯
    既存データの消去完了 B2点灯
    プログラムの書き込み完了 Dch点灯
    要するに、上記3個のLEDが点灯すれば完了です。
  9. 完了すると以下のメッセージがターミナルに表示されます。


    Complete.
    Please Power ON Reset.
  10. 途中でエラーが発生した場合は、以下のようなエラーメッセージが出力されますので、ターミナルの転送作業を中断し、本体のSDランプ消灯確認後に再度、転送を再開して下さい。


    Transfer data error.
    Download Aborted.

    エラーが発生した場合は、送信データのエコーが帰る場合がありますが正常ですので、上記操作を繰り返して下さい。
また、転送途中で電源を切ってもプログラムは失われず動作しますが、内容の書き込み中に切断してしまった場合は、電源投入時よりダウンロード状態となります。