5.2 データポート設定項目
5.2.1 非同期/同期PPP変換

非同期PPP(PointtoPointProtcol)接続機能があるパソコンを同期64Kbps・128KbpsのダイアルアップIPアクセスポイントを持つ商用インターネットプロバイダに接続する機能です。パソコンの速度設定は非同期115.2Kbpsまたは57.6Kbps、ビット/パリティ設定は8ビット/パリティなし、フロー制御設定はRS-CSフロー制御(ハードフロー制御)とします。

<解 説>
同期64Kbps・128KbpsダイアルアップIP接続を快適にお使いいただくために、パソコンの速度設定は115.2Kbpsを推奨します。お使いのパソコンが115.2Kbpsを使用できない場合、フリーウェア等のWindows3.1用高速通信ドライバの入手や、高速通信対応拡張232-Cボードの採用をご検討ください。