4.3 Sレジスタ
■レジスタ番号 0

内 容 :自動応答
範 囲 :0
     1〜255
単 位 :回
意 味 :0 自動応答しない。
     1〜255設定値の数だけ"RING"を送出後、自動応答する。
初期値 :1
■レジスタ番号 1

内 容 :RING送出回数表示
範 囲 :0〜255
単 位 :回
意 味 :"RING"を送出した回数を表示する。
初期値 :0
■レジスタ番号 2

内 容 :エスケープ文字
範 囲 :0
     1〜127
単 位 :ASCII
意 味 :0 エスケープ文字なし。
     1〜127 設定した文字をエスケープキャラクタとする。
初期値 :43(+)
■レジスタ番号 3

内 容 :復帰文字
範 囲 :0〜127
単 位 :ASCII
意 味 :設定した文字を復帰文字とする。
初期値 :13(CR)
■レジスタ番号 4

内 容 :改行文字
範 囲 :0〜127
単 位 :ASCII
意 味 :設定した文字を改行文字とする。
初期値 :10(LF)
■レジスタ番号 5

内 容 :後退文字
範 囲 :0〜32
     127
単 位 :ASCII
意 味 :設定した文字を後退文字とする。
初期値 :8(BS)
■レジスタ番号 7

内 容 :接続時間監視
範 囲 :1〜50
単 位 :秒
意 味 :発信の時、設定時間以内に応答がない場合は切断する。
初期値 :30
■レジスタ番号 12

内 容 :エスケープキャラクタ間隔
範 囲 :1〜100
単 位 :秒
意 味 :+++の前後の間隔を設定します。
初期値 :10(1秒)
■レジスタ番号 30

内 容 :無反応自動回線切断タイマ
範 囲 :0〜30
単 位 :分
意 味 :送自動切断するまでの時間を設定します。
初期値 :0(監視しない)
■レジスタ番号 160

名 称 :TEI
内 容 :PCVの場合、Dチャンネルパケットの契約時に指定したTEIを設定してください。
■レジスタ番号 162

名 称 :論理チャンネルグループ番号(LCGN)
内 容 :PCVの場合、Dチャンネルパケットの契約時に指定したLCGNを設定してください。
■レジスタ番号 163

名 称 :論理チャンネル番号(LCN)
内 容 :PCVの場合、Dチャンネルパケットの契約時に指定したLCNを設定してください。
■レジスタ番号 164

名 称 :パケットサイズ
内 容 :PCVの場合、Dチャンネルパケットの契約時に指定したパケットサイズを設定してください。
■レジスタ番号 165

名 称 :ウィンドウサイズ
内 容 :PCVの場合、Dチャンネルパケットの契約時に指定したウィンドウサイズを設定してください。
■レジスタ番号 その他

サポートしません。