コマンド説明

■AT$A :アナログAポートの設定と表示
機 能 アナログAポートの設定と表示をします。
書 式 AT$A<パラメータ1>=<パラメータ2>
パラメータ <パラメータ1>=<パラメータ2>
   0:1〜7の設定内容の表示
   1:アナログポート選択
 1=0:TELで使用する(初期値)
 1=1:FAXで使用する
 1=2:使用しない
   3:識別着信
 3=0:識別着信しない(初期値)
 3=1:識別着信する
   4:HLC設定
 4=0:HLCを設定しない(初期値)
 4=1:HLCを設定し着信判定する
 4=2:HLCを設定するが着信判定しない
   5:グローバル着信選択
 5=0:着信する(初期値)
 5=1:着信しない
   7:ダイアル桁間タイマ設定
 7=0:3秒
 7=1:4秒
 7=2:5秒(初期値)
 7=3:6秒
入力例 AT$A3=1
補 足 HLCを設定した場合、電話を選択していればHLCは”電話”に、FAXを選択していれば”G2/G3 FAX”に自動的に選択されます。

■AT$B :アナログBポートの設定と表示
機 能 アナログAポートの設定と表示をします。
書 式 AT$B<パラメータ1>=<パラメータ2>
パラメータ <パラメータ1>=<パラメータ2>
   0:1〜7の設定内容の表示
   1:アナログポート選択
 1=0:TELで使用する(初期値)
 1=1:FAXで使用する
 1=2:使用しない
   3:識別着信
 3=0:識別着信しない(初期値)
 3=1:識別着信する
   4:HLC設定
 4=0:HLCを設定しない(初期値)
 4=1:HLCを設定し着信判定する
 4=2:HLCを設定するが着信判定しない
   5:グローバル着信選択
 5=0:着信する(初期値)
 5=1:着信しない
   7:ダイアル桁間タイマ設定
 7=0:3秒
 7=1:4秒
 7=2:5秒(初期値)
 7=3:6秒
入力例 AT$B4=1
補 足 HLCを設定した場合、電話を選択していればHLCは”電話”に、FAXを選択していれば。”G2/G3 FAX”に自動的に選択されます。

■AT$N :データポートの設定と表示
機 能 データポートの設定と表示をします。
書 式 AT$N<パラメータ1>=<パラメータ2>
パラメータ <パラメータ1>=<パラメータ2>
   0:1〜10の設定と表示をします。
   1:非同期/同期PPP変換選択
 1=0:PPP同期交換しない(初期値)
 2=0:PPP同期交換する
   2:識別着信
 2=0:識別着信しない(初期値)
 2=1:識別着信する
   3:HLC設定
 3=N:HLCを設定しない(初期値)
 3=0〜127
   9:無通信監視タイマ
 9=0:監視しない(初期値)
 9=1〜10:(1〜10分)
入力例 AT$N9=2

■AT$S :パラメータの保存
機 能 ATコマンドで設定したパラメータを保存します。
書 式 AT$S
パラメータ なし
入力例 AT$S
補 足 短縮ダイアル、自己アドレス、自己サブアドレス、累積通信料金オートボー検出された通信速度等はその都度保持されますので、本コマンドは必要ありません。

■ATS  :Sレジスタポインタの設定
機 能 Sレジスタポインタを指定します。
書 式 ATS<パラメータ1>
パラメータ <パラメータ1>  0〜26:Sレジスタ
入力例 ATS0
補 足 初期値は0です。

■AT?  :Sレジスタポインタの示すレジスタ内容の表示
機 能 現在のSレジスタポインタの示すレジスタ内容を表示します。
書 式 AT?
パラメータ なし
入力例 AT?
補 足 Sコマンドと続けることができます。
  例)ATS0 + AT? → ATS0?

■AT=  :Sレジスタポインタの示すレジスタ内容の変更
機 能 現在のSレジスタポインタの示すレジスタ内容を変更します。
書 式 AT=<パラメータ1>
パラメータ <パラメータ1>設定値
入力例 AT=
補 足 Sコマンドと続けることができます。
  例)ATS0 + AT=2 → ATS0?=2

■+++  :エスケープコマンド
機 能 データ通信中につながっている回線を切らずにコマンドモードへ戻りコマンドを入力することができます。
書 式 +++
パラメータ なし
入力例 +++
補 足 ・データ通信を停止し1秒間待ってから”+++”を入力して
 下さい。また、+と+の間は1秒以内にして下さい。
・エスケープ文字はS2レジスタにて変更できます。
・通信状態へ戻すには、Oコマンドを入力します。
 ”CONNECT”が表示され、通信状態へ戻ります。