コマンド説明

■AT#C :データポートの通信料金、切断理由表示
機 能 本体の電源が入ってからのデータポートの通信料金、切断理由等を表示します。
書 式 AT#C
パラメータ なし
入力例 AT#C
補 足 ・CAUSE =#の後に切断理由コードを表示します。
・SOURCE =の後に生成源を表示します。
・CHARGE =¥の後に通信料金を表示します。
      (切断理由と生成源は付録を参照)

■AT#H :データポート用自己アドレス番号表示
機 能 データポートの自己アドレス、自己サブアドレスを表示します。
書 式 AT#H
パラメータ なし
入力例 AT#H
補 足 ・自己アドレスと自己サブアドレスの間は/で区切られます。
・登録されていない場合BUFFER EMPTYと表示されます。

■AT#HA:アナログAポート用自己アドレス番号表示
機 能 アナログAポートの自己アドレス、自己サブアドレスを表示します。
書 式 AT#HA
パラメータ なし
入力例 AT#HA
補 足 ・自己アドレスと自己サブアドレスの間は/で区切られます。
・登録されていない場合BUFFER EMPTYと表示されます。

■AT#HB:アナログBポート用自己アドレス番号表示
機 能 アナログBポートの自己アドレス、自己サブアドレスを表示します。
書 式 AT#HB
パラメータ なし
入力例 AT#HB
補 足 ・自己アドレスと自己サブアドレスの間は/で区切られます。
・登録されていない場合BUFFER EMPTYと表示されます。

■AT#R :着信拒否
機 能 着信中に入力することにより着信を拒否します。
書 式 AT#R
パラメータ なし
入力例 AT#HR

■AT#Z :データポート用自己アドレス登録
機 能 データポートの自己アドレスを登録します。
書 式 AT#Z<パラメータ1>/<パラメータ2>
パラメータ <パラメータ1>  自己アドレス
<パラメータ2>  自己サブアドレス
入力例 AT#ZA012345678/999
補 足 ・自己アドレスは最大32桁で0〜9の数字が使用できます。
・自己サブアドレスは最大19桁で0〜9の数字が
 使用できます。

■AT#ZA:アナログAポート用自己アドレス登録
機 能 アナログAポートの自己アドレスを登録します。
書 式 AT#ZA<パラメータ1>/<パラメータ2>
パラメータ <パラメータ1>  自己アドレス
<パラメータ2>  自己サブアドレス
入力例 AT#ZA012345678/2222
補 足 ・自己アドレスは最大32桁で0〜9の数字が使用できます。
・自己サブアドレスは最大19桁で0〜9の数字が
 使用できます。

■AT#ZB:アナログBポート用自己アドレス登録
機 能 アナログBポートの自己アドレスを登録します。
書 式 AT#ZB<パラメータ1>/<パラメータ2>
パラメータ <パラメータ1>  自己アドレス
<パラメータ2>  自己サブアドレス
入力例 AT#ZA012345678/3333
補 足 ・自己アドレスは最大32桁で0〜9の数字が使用できます。
・自己サブアドレスは最大19桁で0〜9の数字が
 使用できます。

■AT¥C :累積通信料金表示
機 能 データポート、アナログAポート、アナログBポートの累積通信料金の表示、ならびに初期化。
書 式 AT¥C<パラメータ1>
パラメータ <パラメータ1>
      0:累積通信料金を表示させます。
      1:累積通信料金を初期化(0円)します。
入力例 AT¥C0

■AT¥Q :フロー制御方式の設定
機 能 フロー制御方式を設定します。
書 式 AT¥Q<パラメータ1>
パラメータ <パラメータ1>
      0:フロー制御なし
      1:Xon−Xoffフロー制御
      2:RS−CSフロー制御
入力例 AT¥Q0
補 足 初期値は2です。

■AT¥S :各種設定表示
機 能 データポート設定値、Sレジスタ値、ATコマンド状態を表示します。
書 式 AT¥S<パラメータ1>
パラメータ <パラメータ1>
      0:データポート速度、データフォーマット、
        フロー制御方式、エコー指定、非同期/同期        PPPモード、回線状態、信号制御、信号線        状態を表示します。
      1:Sレジスタの内容をSレジスタ名とともに
        表示します。
      2:リザルトコード有無、リザルトコード
        フォーマット、リザルトコード
        RING表示、リザルトコードセットの
        状態を表示します。
入力例 AT¥S0
補 足 初期値は3です。