コマンド説明

■ATN  :回線速度の設定(パソコンとの通信速度)
機 能 パソコンとの通信速度を変更します。
書 式 ATN<パラメータ1>
パラメータ <パラメータ1>      0: 自動認識
             1:  2400 bps
             2:  4800 bps
             3:  9600 bps
             4: 19200 bps
             5: 38400 bps
             6: 57600 bps
             7:115200 bps
入力例 ATN7
補 足 ・初期値は0です。
・フロー制御方式も合わせて設定して下さい。通常RS−CSフロー制御を選択します。

■ATO  :データ通信中のコマンドモードから通信モードへ戻る
機 能 エスケープコマンド(+++)を入力した後のオンラインコマンドモード状態から通信状態に戻ります。
書 式 ATO
パラメータ なし
入力例 ATO

■ATQ  :リザルトコードの有無設定
機 能 リザルトコードを返すか返さないかを決定します。
書 式 ATQ<パラメータ1>
パラメータ <パラメータ1>
      0:リザルトコードを返します。
      1:リザルトコードを返しません。
入力例 ATQ0
補 足 初期値は0です

■ATV  :リザルトコードのフォーマット設定
機 能 リザルトコードを数値で返すか英数文字で返すかを指定します。
書 式 ATV<パラメータ1>
パラメータ <パラメータ1>
      0:リザルトコードを数値で返します。
      1:リザルトコードを英数文字で返します
入力例 ATV0
補 足 初期値は1です。

■ATW  :リザルトコードRING表示の設定
機 能 リザルトコードRINGの表示のしかたを設定します。
書 式 ATW<パラメータ1>
パラメータ <パラメータ1>
    0:RINGのみを返します。
    2:RINGの後に続けて相手アドレス、
        サブアドレスを表示します。
入力例 ATW2
補 足 ・初期値は0です。
・アドレスとサブアドレスの区切りは*です。

■ATX  :リザルトコードセット設定
機 能 リザルトコードセットを指定します。
書 式 ATX<パラメータ1>
パラメータ <パラメータ1>  0:基本セット
         1:拡張セット1
         2:拡張セット2
         3:拡張セット3
入力例 ATX0
補 足 初期値は3です。詳細はリザルトコード一覧を参照して下さい。

■ATZ  :パラメータの初期化
機 能 パラメータの初期化(初期値に戻す)を行います。
書 式 ATZ<パラメータ1>
パラメータ <パラメータ1>
      0:$Sコマンドで設定した内容に戻します。
      1:短縮ダイアル、自己アドレス、
        自己サブ アドレス、累積通信料以外の
        パラメータを初期化します。
      98:全てののパラメータを初期化します
         (工場出荷時の内容)。
      99:ソフトウェアリセットがかかります。
入力例 ATZ1
補 足 初期値は3です。詳細はリザルトコード一覧を参照して下さい。