4.2 コマンド
4.2.1 コマンド一覧
◎の付いたコマンドのパラメータの内容は、電源を切っても保持されます。

○の付いたコマンドのパラメータの内容は、セーブコマンド(AT$SorAT&W)を実行することにより、電源を切っても保持されます。
コマンド
内 容  初期値 
  着信応答
 
ダイアル発信
エコー指定
 
切断
 
装置コード表示
  データポートの設定と表示
 
回線速度の設定
 
データ通信中のコマンドモードから
データ通信モードへ戻る
リザルトコード有無設定
リザルトコードフォーマット設定
リザルトコードRING表示の設定
リザルトコードセット設定
 
パラメータの初期化
&C
CD信号制御の設定
&D
ER信号制御の設定
 
&F
工場出荷時に戻す
 
&H
短縮ダイアル番号表示
&K
フロー制御方式の設定
&S
DR信号制御の設定
 
&W
パラメータ保存
&Z
短縮ダイアル番号登録
 
#C
データポートの通信料金切断理由表示
 
#H
データポート用自己アドレス番号表示
 
#HA
アナログAポート用自己アドレス番号表示
 
#HB
アナログBポート用自己アドレス番号表示
 
#R
着信拒否
#Z
データポート用自己アドレス番号登録
#ZA
アナログAポート用自己アドレス番号登録
#ZB
アナログBポート用自己アドレス番号登録
 
¥C
累積通信料金表示
¥Q
フロー制御方式の設定
  ¥S 各種設定表示
$A
アナログAポートの設定と表示
$B
アナログBポートの設定と表示
$N
データポートの設定と表示
 
$S
パラメータの保持
 
Sレジスタポインタの設定
S0
 
Sレジスタポインタの示すレジスタ内容表示
Sレジスタポインタの示すレジスタ内容変更
 
+++
エスケープコマンド

注〜コマンド説明の中で示します。