2.4 電話、FAXをつかう
2.4.1 本装置でできること

(1) 2つのアナログポートで、お客様がお使いの電話やFAXをそのまま使用することができます。

(2) ダイアルイン番号1個の契約で2つのアナログポートに接続した電話機・FAXを電話番号で呼び分けることができます。
(グローバル着信選択)

(3) かけてくる相手を限定することができます。
(識別着信)

(4) LCR機能内蔵電話機を接続できます。
(LCR発信機能)

(5) アナログAポート、アナログBポートそれぞれの通信料金の累積を表示することができます。
(累積料金表示)

2.4.2 本装置の準備

(1) 「第一章 5.接続方法」をよく読んで本装置と電話、FAXを接続して下さい。

(2) ディップスイッチの1〜8ビットがOFFになっていることを確認して下さい。

(3) 電源を入れて下さい。


2.4.3 電話のかけかた

<<通常のかけかた>>

(1) 接続した装置の操作方法に従って通信を行って下さい。

(2) 本装置のダイアル間監視タイマによる待ち時間設定は5秒です。ダイアルする時は5秒以内に次の数字を押して下さい。