2.2 DSUとコネクタの設置
TAのご利用には、DSUとコネクタが必要です。
NTTに工事を依頼する方法と、自分で行う方法があります。
資格がなくても以下の方法なら自分で工事ができます。
ただし、DSU内部のねじ部分などに手を触れてはいけません。
以下に、簡単な方法を記載します。

2.2.1 NTTに工事を依頼する方法

NTTに工事を依頼する場合は、DSUをレンタル又は買取りかと、モジュラを必要分依頼します。

2.2.2 自分で工事をする方法

コネクタは最大6個まで接続することができますが、「簡単ケーブルキット」は1セットに1コネクタずつ入っていますので、必要なコネクタ数購入しておきましょう。
DSUには旧型・新型の2種類あります。
新型の場合、DSUのモジュラーコネクタに接続し、コネクタの配線を終了すれば終わりです。
旧型の場合は、DSUの内部をあけ、中ふたの中のモジュラーコネクターに接続します。
詳しくは、付属の説明書をよく読んで設置してください。