(3) 電源について
警 告
■商用電源以外の禁止
AC100Vの家庭用電源以外では、絶対に使用しないで下さい。火災・感電の原因となります。
また、やむを得ず同じ電源コンセントに他の電気製品の電源プラグを差し込む場合は、合計の電流値が電源コンセントの最大電流値を超えないように注意して下さい。火災・感電の原因となります。

■電源コードの取扱注意
電源コードを傷つけたり、破損したり、加工したり、無理に曲げたり、引っ張ったりねじったり、束ねたりしないで下さい。また、重い物を載せたり加熱したりすると電源コードが破損し、火災・感電の原因となります。
電源コードが傷んだら当社のサービス取扱所に修理を依頼して下さい。

■濡れた手での操作の禁止
濡れた手で電源プラグを抜き差ししないで下さい。感電の原因となります。

■たこあし配線の禁止
テーブルタップや分岐コンセント・分岐ソケットを使用した、たこあし配線はしないで下さい。
火災・感電の原因となります。

注 意
■プラグの取扱注意
電源プラグはコンセントに確実に差し込んで下さい。電源プラグをぬく時は、必ずプラグを持って抜いて下い。
電源コード引っ張るとコードが傷つき、火災・感電の原因となることがあります。
■移動時の注意
移動させる場合は、電源プラグをコンセントから抜き、外部の接続線をはずしたことを確認の上行って下さい。
(4) その他のご注意
警 告
■異物を入れないための注意
本機の上に花瓶、植木鉢、コップ、化粧品、薬品や水の入った容器、または小さな金属類を置かないで下い。
こぼれたり、中に入った場合、火災・感電の原因となります。

注 意
■落雷の時の注意
近くに雷が発生した時は、電源プラグをコンセントから抜くとともに本機に接続されているケーブルを全て取り外し、ご使用をお控え下さい。場合によっては、火災・感電の原因となることがあります。

■長期不在時の注意
長期間ご使用にならない時は、安全のため必ず電源プラグをコンセントから抜いて下さい。

■電源プラグの清掃
電源プラグとコンセントの間のほこりは、定期的に(半年に一回程度)に取り除いて下さい。


1.3.3 日頃のお手入れ
汚れたら乾いた柔らかい布で拭き取って下さい。汚れのひどい場合、中性洗剤を含ませた布で拭いた後、乾いた布で拭き取って下さい。化学雑きんの使用は避けて下さい。