第5章 リファレンス

5−1 リファレンス
RSエントリー1には、多数のコントロールコマンドが用意されており、大別すると以下2つのコントロール方法があります。
■ESCコマンド
ホスト側からコントロールする場合に利用します。
RS232Cインタフェースを通して、1BHに続くコマンドを送ることにより、RSエントリー1をコントロールできます。
■ファンクションコール
アセンブラ言語によるユーザープログラムを作成する場合に利用します。
必要なパラメータをレジスタにセットして、100Hをコールしてください。
本章では、ESCコマンドとファンクションコールのパラメータを解説します。
 ●コマンド・ファンクションコール一覧表
汎用コマンド
RS232Cポートコマンド
キーコマンド
LCDコマンド
ユーザープログラム

目次へ戻る