3AH パケットサイズ設定
[ESCコマンド]
1BH 3AH P1
[リターン] ありません
[FUNCコール]
 レジスタ    値  
A 3AH
D P1
[リターン] ありません
[パラメータ]
変数 内 容
P1 XXH パケットデータサイズ(01H〜FFH) 初期値:01H
[内容説明] 指定されたパケットサイズまでキー入力をバッファリングしてから送信します。
この指定をした時にヘッダーやデリミタを指定すると1つのパケット毎にヘッダーやデリミタが付属します。
[サンプル] ヘッダーに "ABC”という文字を設定した場合、通常の状態では、0のキーを2回押下すると "ABC0ABC0”と出力されます。
ここでこのパケット指定で2をセットして0のキーを2回押下すると "ABC00”と出力されます。
デリミタが設定されている場合も同様です。

3BH パケットデリミタキー設定
[ESCコマンド]
1BH 3BH P1
[リターン] ありません
[FUNCコール]
 レジスタ    値  
A 3BH
D P1
[リターン] ありません
[パラメータ]
変数 内 容
P1 XXH デリミタキーに指定するキー番号(00H〜1DH)
[内容説明] デリミタキーが押下されるまでの間、キー入力をバッファリングしてから送信します。

<ご注意>
パケット用のバッファは256バイトです。256以上のキー入力を行うと、それ以降は無視されます。
パケットサイズ設定とデリミタキー設定は、同時に設定できません。

[サンプル] リターンキー押下にて、キーデータを一度に出力します。
 START:
    LD    A,3BH  ;コマンドナンバー
    LD    D,1DH  ;キーバンゴウ(RETURN) 
    CALL   100H    ;
    RET

3CH パケットバッファクリア
[ESCコマンド]
1BH 3CH 00H
[リターン] ありません
[FUNCコール]
 レジスタ    値  
A 3CH
[リターン] ありません
[内容説明] パケット用のバッファをクリアします。

コマンド・ファンクションコール一覧表へ戻る