12H 送信データ一時中止 チャンネル1
[ESCコマンド]
1BH 12H P1
[リターン] ありません
[FUNCコール]
 レジスタ    値  
A 12H
D P1
[リターン] ありません
[パラメータ]
変数 内 容
P1
00H 停止
01H 再開(初期値)
[内容説明] チャンネル1へのデータ送出を一時停止します。送信停止中においても、データはバッファリングされており、再開されるとデータが送出されます。

<ご注意>
送信バッファ容量は2KBとなっています。
2KBを越えるデータは破棄されます。


13H 送信データ一時停止 チャンネル2
[ESCコマンド]
1BH 13H P1
[リターン] ありません
[FUNCコール]
 レジスタ    値  
A 13H
D P1
[リターン] ありません
[パラメータ]
変数 内 容
P1
00H 停止
01H 再開(初期値)
[内容説明] チャンネル2の送出データを一時的に停止します。送信停止中に送信要求があると、データはバッファリングされ、再開されるまでそのデータが送出されます。

<ご注意>
送信バッファ容量は2KBとなっています。
2KBを越えるデータは破棄されます。


14H 送信禁止 チャンネル1
[ESCコマンド]
1BH 14H P1
[リターン] ありません
[FUNCコール]
 レジスタ    値  
A 14H
D P1
[リターン] ありません
[パラメータ]
変数 内 容
P1
00H 未送信
01H 送信(初期値)
[内容説明] キー押下時にチャンネル1へキーデータを出力する処理を行わない設定にします。

コマンド・ファンクションコール一覧表へ戻る