第4章 ユーザープログラム

4−1 ユーザープログラム
RSエントリー1は、標準状態でターミナルとして動作しますが、ユーザー自身がプログラムを作成してRSエントリー1に実行させる事も可能です。
ユーザープログラムはアセンブラ言語で作成しますが、LCD表示やキー入力コントロールが簡易化できるシステムコールが準備されています。
システムコールは、レジスタに必要なパラメータをセットして100Hをコールするだけです。

作成したプログラムには、以下2通りの実行方法があります。

1.ホストよりダウンロードする方法
アセンブラプログラムを作成して、アセンブルされたオブジェクトをリンクし、作成されたHEXデータをホストから、RSエントリー1にダウンロードした後に実行させます。

2.ROMに書込む方法
作成したプログラムをROMライターを用いて、ROMに書込んでRSエントリー1内の拡張ROMソケットに実装します。
システムROM内の一部を利用することも可能です。

RSエントリー1では、ユーザーが利用できるメモリ・バンク0(16KB RAMエリア)を標準で準備していますが、最大64KBの合計5バンクまで拡張可能です。
(拡張RAMメモリについては、工場出荷時のオプションとなります。)

本章では以下の開発環境を前提に、ユーザープログラム作成の実例を示しながら手順を解説します。

品 名
メーカー
1.ターゲット RSエントリー1 株式会社テクニカル
2.オプション 電源供給セット 株式会社テクニカル
3.ホスト PC9801DS21 日本電気(株)
4.OS MS−DOS 3.3 C マイクロソフト(株)
5.エディタ MIFES メガソフト(株)
6.アセンブラ PROASMU 岩崎技研工業(株)
7.ROMライタ Pecker−11 アバールデータ(株)
*7については、ユーザープログラムをROM化する際に必要です。

目次へ戻る