↑ パススルー
[LCD表示]
DATA THROUGH
       <OFF>
[解 説] 一方のチャンネルから受信したデータを、もう一方のチャンネルへ送出します。リターンキーの押下により、スルー状態が切換わります。
DATA THROUGH
  CH1 −> CH2
チャンネル1からチャンネル2の方向にスルーします。
DATA THROUGH
  CH2 −> CH1

チャンネル2からチャンネル1の方向にスルーします。
DATA THROUGH
   CH1 = CH2

チャンネル1とチャンネル2の双方向にスルーします。

<初期値>
 OFF スルーしません

← ファンクションキー
[LCD表示]
PUSH TERGET KEY
   F1 − F10
[解 説] F1からF10のファンクションキー押下時の、出力データを設定します。
出力データの設定は、RS232Cに出力されるデータとLCDに出力されるデータを個別に設定可能です。

出力データを設定したいファンクションキーを押下します。
SELECT
 [1].SIO [2].LCD

RS232Cへの出力データ設定の場合は1を、LCDへの出力データ設定の場合は2を選択します
 HEX CODE  [  ] 

HEX(16進数)で出力データを順次入力すると、下段にキャラクタコードが表示されます。
出力データは、最大16バイトまで設定可能です。ヘルプキーを押下するとキャンセルになります。


<ご注意>
HEX値のA〜Fは、SHIFTキー+F1〜F6にて設定できます。
00H〜1FH、80H〜FFHの機能コードが入力されると' .' が 表示されます。


→ フロー制御選択
[LCD表示]
RS1:XON/XOFF ON
RS2:XON/XOFF ON
[解 説] XON/XOFFコードによるフロー制御を行なうか否かを選択します。
フロー制御選択は、チャンネル毎に選択可能です。

チャンネル1を切換える場合には数字キーの1を、チャンネル2を切換える場合には数字キーの2を押下して下さい。リターンキーにより' ON' と' OFF' が交互に表示されます。

<参考値>
XON :データの送信許可  11H
XOFF:データの送信停止  13H

<初期値>
チャンネル1 OFF フロー制御しません。
チャンネル2 OFF フロー制御しません

ヘルプサービス一覧表へ戻る