F1 フルリセット
[LCD表示]
 CAUTION RESET 
 Are you sure ?
[解 説] RSエントリー1の各設定値を全てクリアします。リセットを実行する時は、0を押下してください。
ENTRY−1 Ver X.XX
 TEC Japan Corp.
設定値は、工場出荷時の値に初期化され、オープニングメッセージが表示されます。

F2 バックアップモード
[LCD表示]
  BACKUP MODE  
       <ON>
[解 説] バックアップモードのON/OFFを切換えます。
ON/OFFの切換えは、リターンキーを押下することにより、交互に切換わります。
RSエントリー1には、メモリバックアップ用のスーパーキャパシタが実装されており、通電中は同時に充電されています。
連続8時間程度でフル充電になり、電源切断後は約10日間メモリ・バックアップされます。(標準メモリの場合)

<ご注意 >
バックアップ期間はフル充電時の目安であり保証値ではありません。温度等の環境条件や製品の老朽化により、バックアップ期間が短くなる場合もあります。

<初期値>
バックアップモード OFF


F3 IDコード設定
[LCD表示]
 ID   CODE [  ] 
 END CODE [  ]
[解 説] IDコードとENDコードを設定します。
本設定は、パススルー時において有効となる設定です。

ID設定後にパススルーに切換えると、RSエントリー1は、02Hに続く1バイトをIDとしてチェックします。
設定されているIDコードと合致すると、自局へ送られてきたデータと認識して、ENDコードを受信するまでの間、データを取り込みます。
ID設定の解除は、IDコードに00Hを設定してください。

<初期値>
 ID CODE 00H
 END CODE 03H (ETX)

<ご注意>
 IDコードは、20H〜7FHまでの間に設定してください。

0 通信パラメータ設定
[LCD表示]
1: 1200 B8 PN SI
2: 1200 B8 PN SI
[解 説] RS232Cインタフェースの通信パラメータを設定します。
設定は、チャンネル毎に行なえます。
カーソルを矢印キーにて変更したいパラメータの位置へ移動し、リターンキーを押下してください。

<初期値>
チャンネル  ボーレート データ長 パリティ ストップビット長
チャンネル1 1200bps   8bit   NON   1bit
チャンネル2 1200bps   8bit   NON   1bit
パラメータ 設定値 LCD表示
ボーレート
300 BPS
600 BPS
1200 BPS
2400 BPS
4800 BPS
9600 BPS
19200 BPS
38400 BPS
300
600
1200
2400
4800
9600
19200
38400
ビット長
7 BIT
8 BIT
B7
B8
パリティー
NONE
ODD
EVEN
PN
PO
PE
ストップビット
1 BIT
2 BIT
S1
S2
<ご注意>
バックアップモードがONの場合は、設定値が保持されます。

ヘルプサービス一覧表へ戻る