◆キーコン・キーマクロ コマンド注意事項
キーコンデータ設定(コマンドNo21)、キーマクロ設定(コマンドNo22)のコマンドについての補足事項を説明致します。

キーコン、マクロデータ中に、カナ文字、シフト文字等の特殊キーの文字を入れる際には以下の点に注意してください。
キーコード表は、通常フルキーボードの特殊キーオフの状態です。
通常のキーコード指定時には、英字の小文字が指定されており、大文字やカナ文字の表示には、特殊キーのキーコードを指定します。
特殊キーの指定はデータサイズの文字数を必要とします。

例えば

表示データ  A チ のデータサイズは6文字です。

データ列は、 70H  1DH  F0H  72H  1DH  F2H  とします。

      70H 特殊キーのシフトキーオン
      1DH 'A'のキー押下
      F0H 特殊キーのシフトキーオフ
      72H 特殊キーのカナキーオン
      1DH 'チ'のキー押下
      F2H 特殊キーのカナキーオフ

特殊キーを使用するキーコード表示(指定)は特殊キーの動作を入れる必要があります。特殊キー設定の後にキーコードを指定し特殊キーを解除します。

[ブレイクコード表]
 メイクコード   ブレイクコード 
 SHIFT  70H F0H
 CAPS 71H
F1H
 カナ 72H
F2H
 GRPH 73H
F3H
 CTRL 74H
F4H

目次へ戻る