第4章 コマンドリファレンス・キーコマンド
■20H キーイニシャライズ
[機  能] キー設定のイニシャライズ(初期化)をします。

[コマンド] 1BH  20H  P1

      P1・・・キーデータ・テーブル
         00H:両方初期化
         01H:キーコン初期化
         02H:キーマクロ初期化

[解  説]
 キーコンデータ、キーマクロのデータ・テーブルを初期化します。

<参 照> キーコンデータ設定
      キーマクロ設定

■21H キーコンデータ
[機  能] キーコンデータの設定をします。

[コマンド]
 1BH  21H  P1 P2 P3 D1・・・・D15

P1・・・コンバートモード
Bit:
TABLE : ノーマル シフト CAPS CAPS+シフト カナ カナ+シフト GRPH CTRL


P2・・・トリガーキー番号
   00H 〜7FH :フルキーボードのキー番号

   P3・・・コンバートデータサイズ
      01H 〜0FH :最大15文字

   D1・・・コンバートデータ
      P3で指定したサイズ分だけコンバートデータを
       送ります。

<参 照> フルキーボード キー番号表
      キーコード表

[解  説] フルキーボードのキーコンデータを設定します。

<参 照> キーコンとは
     キーコン・キーマクロ コマンド注意事項


■22H キーマクロ設定
[機  能] キーマクロの設定をします。

[コマンド] 1BH  22H  P1 P2 D1・・・D64

      P1・・・キー番号
           00H 〜1DH
           エントリー1のキー番号

      P2・・・データサイズ
           最大64文字

      D1・・・データ
           P2で指定したデータ数分だけ
            キーコードデータを送ります。

<参 照> エントリー1 キー番号表

[解  説]
 エントリー1の30キーの各キー毎にフルキーボードのキーマクロを設定します。

<参 照> キーコン・キーマクロ コマンド注意事項


■23H キーマスクモード
[機  能] キーボードの入力をマスク(無視)します。

[コマンド] 1BH  23H P1 P2

      P1・・・マスクモード
         00H:フルキーボード 指定キー ON
         01H:フルキーボード 指定キー OFF
        *02H:フルキーボード 全キー  ON
        *03H:フルキーボード 全キー  OFF
         04H:エントリー1  指定キー ON
         05H:エントリー1  指定キー OFF
        *06H:エントリー1  全キー  OFF
        *07H:エントリー1  全キー  ON

    (*印については、P2を指定する必要はありません)

      P2・・・キー番号
         00H 〜7FH

<参 照> エントリー1 キー番号表
      フルキーボード キー番号表

[解  説]
 フルキーボード及びエントリー1の、各々のキー入力についてマスクできます。

<初期値>
  初期設定値としてフルキーボード、エントリー1ともに全キーOFFが設定されています。

■24H フルキー配列選択
[機  能] キーボードの配列を選択します。

[コマンド] 1BH  24H  P1

      P1・・・配列機種
         00H:JIS標準配列
         01H:あいうえお配列
         02H:ノンシフトモード
         03H:あいうえお配列+ノンシフトモード

[解  説]
 フルキーボードのキー配列を上記より選択することが可能です。
将来のバージョンでは、ドボラーク配列や新しいローマ字配列等を提供する予定です。

<初期値>
 初期設定値としてP1は、00H(JIS標準配列)が設定されます。

< 参 照 > あいうえお配列表


■25H リピートキー設定
[機  能] エントリー1 キーリピートの有無を設定します。

[コマンド] 1BH  25H P1 P2
          P1・・・キーモード
             00H:1キーOFF
             01H:1キーON
             02H:全キーOFF
             03H:全キーON

          P2・・・キー番号
               00H〜1DH

       <ご注意 >
         P1で02H もしくは03H を設定した場合P2のキー番号は設定する必要はありません。

        < 参 照 >
         エントリー1 キー番号表

[解  説] エントリー1の30キーそれぞれについて、キーリピートの有無を
      設定します。

         キー番号   リピート   キー番号   リピート
         00H 〜09H :OFF   0DH 〜0EH :OFF
         0AH 〜0CH :ON    0FH 〜1DH :ON

       < 参 照 >
        キーリピートインターバル設定

       <初期値>
        初期設定値として各キー毎にリピートの有無が設定されています。

■26H キーリピートインターバル
[機  能]
 エントリー1のキーリピートのインターバル(間隔)を設定します。

[コマンド] 1BH  26H P1

      P1・・・インターバルタイム値
         00H〜FFH

[解  説]
 PCにキーデータを送信するデータ間の時間を設定します。
インターバルタイムはP1で指定し、最小0.02秒から最大5.12秒まで、0.02秒単位で設定できます。

      P1        インターバルタイム
      01H ・・・・・・・・・0.02秒
      02H ・・・・・・・・・0.04秒
      03H ・・・・・・・・・0.06秒
       .            .
       .            .
       .            .
      FFH ・・・・・・・・・5.12秒

<参 照> リピートキー設定

<初期値>
 初期設定値としてP1は00H(標準インターバル)が設定されています。

コマンドリファレンス一覧表へ戻る