◆第4章 コマンドリファレンス・LCDコマンド
■10H LCDイニシャライズ
[機  能] LCDの設定を初期設定状態にします。
[コマンド] 1BH 10H 00H

[解  説]
 LCDに関する全ての設定値を初期化します。
ユーザーの設定した、仮想画面サイズや表示画面サイズ等を初期設定値に戻し、LCDにはバックアップOFF時における電源投入時と同様に、下記のオープニングメッセージが表示されます。
 ENTRY−1 Ver×.××
  Technical Corp.
<ご注意>
 LCD表示内の×.××はバージョン表示ですので、製品のソフトウェア改良とともに数値が変わります。

<参 照> LCDコマンドグループの各初期値

■11H LCD表示状態設定
[機  能] LCDの表示状態を切換えます。

[コマンド] 1BH  11H  P1

      P1・・・表示設定
         00H:表示OFF
         01H:表示ON

[解  説]
 00H指定時には、LCDにデータを表示しません。
LCD表示状態が、OFFの状態でも仮想画面のデータ書込は行われています。

<初期値>
 初期設定値として01H(表示ON)が設定されています。

■12H LCD表示クリア
[機  能] LCDの仮想画面をクリアします。

[コマンド] 1BH  12H 00H

[解  説] 仮想画面全域をクリアします。
       仮想画面をクリアし、表示画面及びカーソルは
       ホームポジション(仮想画面左上)に戻ります。

<参 照> 仮想画面サイズ設定
      表示画面サイズ設定

■13H カーソル種類設定
[機  能] LCDに表示するカーソルの状態を切換えます。

[コマンド] 1BH  13H P1 P2

      P1・・・カーソル種類の選択
         01H:アンダーカーソル
         02H:ブリンクカーソル
         03H:アンダーブリンクカーソル

      P2・・・表示状態
         00H:カーソル表示OFF
         01H:カーソル表示ON

[解  説]
 LCDにカーソルを表示します。
カーソルの種類は、アンダーカーソルとブリンクカーソルがあり同時表示も設定できます。

<初期値> 初期設定値として以下の値が設定されています。
      P1のカーソル種類は01Hのアンダーカーソル
      P2の表示状態は01Hのカーソル表示ON

■14H カーソルトレースモード
[機  能] カーソル移動にともなう表示画面のトレース
       (追従)モードを指定します。

[コマンド] 1BH  14H P1

       P1・・・トレースモードの選択
         00H:OFF
         01H:ON

[解  説]
 仮想画面が表示画面より、大きく設定されている状態でカーソルトレースモードをONにすると、カーソル表示が表示画面をはずれないように、カーソルの動きに合わせて、表示画面がトレースします。

[サンプル]
 エントリー1にキーより12345678901234567と
入力した場合における表示画面の違いを示します。

 (1)トレースモードONの状態
 345678901234567_ 
 (2)トレースモードOFFの状態
 1234567890123456 

 *仮想画面上には表示されています。

<初期値>
  初期設定値として01H(追従する)が設定されています。

<参 照> 仮想画面サイズ設定

■15H エコーバックモード
[機  能]
 エントリー1キー入力のエコーバックモードを設定します。

[コマンド] 1BH 15H P1

      P1・・・エコーバックモード
         00H:OFF
         01H:ON

[解  説]
 エントリー1のキー入力に対して、予め設定されているエコーバックデータをLCDにエコーバックします。

<参 照> エコーバックデータ変更

<初期値>
 初期設定値として01H(エコーバックモードON)が設定されています。 

■16H エコーバックデータ変更
[機  能]
 LCDへのキー入力エコーバックデータを変更します。

[コマンド] 1BH  16H P1 P2 D1・・・・・Dn 
      P1・・・エントリー1キー番号の指定

      P2・・・エコーバックデータ数の指定
         00H    :エコーバックしない
         01H〜0FH:エコーバックデータ数
                (最大15文字まで)

         D1・・・エコーバックデータ
            00H 〜FFH
          P2のエコーバックデータ数で指定した
           分だけ、キャラクターコードを送ります。

<ご注意>
 LCDキャラクタコード内で次のエリアは、機能コードに割当られています。
  (1) 00H〜01H
  (2)80H〜9FH

[解  説]
 エコーバックモードONにおいて、エントリー1キー押下時における、LCDへのエコーバックデータを変更します。本データは、エントリー1本体上面のLCD表示に対してのみ行なわれるもので、PC本体に転送するキー入力データとは異なります。
またエコーバックデータに、機能コードを設定することにより、ユーザーサービス等が受けられるようになります。

コマンドリファレンス一覧表へ戻る