◆コマンドリファレンス・汎用コマンド
■00H エントリー1 イニシャライズ
[機  能] エントリー1を初期化します。

[コマンド] 1BH  00H  00H

[解  説] エントリー1に設定されている機能やデータを
       全て初期化します。
      バックアップモードがOFFの状態での、電源投入時と同じ状態で各機能は初期設定値になります。

      機能グループ毎に初期化を行うことも可能です。

<参 照>  バックアップモード
      LCDイニシャライズ
      キーイニシャライズ

■01H ブザー発鳴
[機  能] エントリー1の内蔵ブザーを鳴らします。
[コマンド] 1BH 01H  P1
      P1・・・ブザー発鳴
      00H     :ブザー発鳴停止
      01H〜FEH:定時間ブザー発鳴
      FFH     :ブザー発鳴開始

[解  説]
 エントリー1内蔵のブザーを発鳴します。
またP1に01HからFEHを設定することにより、ブザーを指定した時間だけ発鳴させることができます。

ブザー音長は、P1で指定し、最小0.02秒から最大5.10秒まで、0.02秒単位で設定できます。

  P1         ブザー発鳴時間
  01H・・・・・・・・・0.02秒
  02H・・・・・・・・・0.04秒
  03H・・・・・・・・・0.06秒
   ・            ・
   ・            ・
   ・            ・
  FEH・・・・・・・・・5.10秒

ブザー音発生中にブザー停止コマンドを送信すると、ブザー音は停止します。

<ご注意>
 FFHのブザー発鳴開始は、00Hのブザー発鳴停止コマンド
  またはエントリー1のキー入力があると停止します。

■02H キークリック音長設定
[機  能]
エントリー1キー押下時のクリック音長(ブザー音)を設定します。

[コマンド] 1BH 02H P1
      P1・・・クリック音長時間
      00H    :クリック音無し
      01H〜FFH:指定時間のクリック音

[解  説]
 エントリー1のキー押下時のクリック長を設定します。
P1の値によって無音から、最大5.12秒まで設定可能です。
クリック音有りを設定する場合には、最小0.02秒から最大5.12秒まで0.02秒毎に設定可能です。

  P1         ブザー発鳴時間
  01H・・・・・・・・・0.02秒
  02H・・・・・・・・・0.04秒
  03H・・・・・・・・・0.06秒
   ・            ・
   ・            ・
   ・            ・
  FFH・・・・・・・・・5.12秒


<初期値>
 初期設定値として01H(0.02秒)が設定されています。

■03H バックアップモード
[機  能]
 エントリー1電源切断時における、ユーザー設定値のバックアップ(保持)状態を設定します。

[コマンド] 1BH 03H P1
      P1・・・バックアップモード
      00H:OFF(初期設定値を使用)
      01H:ON (ユーザー設定値を使用)

[解  説]
 本コマンドにより、使用設定状態やデータを保持します。
毎回使用するデータは、このコマンドを設定すると、電源切断時から約10日間データをバックアップします。

保持内容は、LCD仮想画面、表示画面、キーコンデータ、キーマクロデータ、ユーザーキャラクタ、エコーバックデータです。

<ご注意 >
 バックアップ期間は8時間フル充電した時の目安であり、保証値ではありません。温度等の環境条件や製品の老朽化により、バックアップ期間が短くなる場合もありますのでご注意ください。
本設定の変更は、ユーザーサービス機能で行なうことも可能ですが、ヘルプ機能で変更した場合は、ヘルプ機能終了時から有効になります。

<初期値>
 初期設定値として00H(バックアップOFF)が設定されています。

<参 照 > ユーザーサービス機能概要

■04H ヘッダー設定
[機  能]
 送信データの先頭にヘッダー(識別子)を付加します。

[コマンド] 1BH  04H  P1 D1・・・・・Dn

      P1・・・ヘッダーデータ数
         00H:ヘッダー無し
        (ヘッダーデータの指定は必要ありません。)

         01H〜FFH:
               ヘッダーデータ長さ(バイト数)
      D1・・・ヘッダーデータ
         P1で指定した長さのデータを、
          キーコードで指定してください。

<ご注意 >
 P1で00H(ヘッダー無し)を選択した場合はヘッダーデータを指定する必要はありません。

<参 照> キーコード表


[解  説]
 パケット転送モードもしくは、デリミタ転送モードにおいて機種選択されている方からの、キー入力データに本ヘッダーを付加して、PC本体に転送します。

<参 照> パケット転送モード
     デリミタ転送モード

<初期値>
 初期設定値として00H(ヘッダー無し)が設定されています。

■05H パケット転送モード
[機  能] 指定したデータサイズにてキーデータを送信します。

[コマンド] 1BH  05H P1 P2
      P1・・・機種選択
         01H:フルキーボード
         02H:エントリー1
         03H:両方混在

      P2・・・パケットサイズ
         00H:通常転送モード
           パケット転送モードを解除し、
            通常転送モードにします。

         01H〜7FH:パケット転送モード
           最大パケットデータサイズは7FHです。

[解  説] 
 フルキーボードもしくは、エントリー1から入力されたキーデータを指定したデータサイズまでバッファリング(蓄積)してから一度にPCに送信します。機種選択でフルキーボード、もしくはエントリー1を選択した場合に、もう一方は通常の転送状態になります。
両方混在を指定した場合は、指定されたパケットサイズになるまで、フルキーボードとエントリー1の区別無しにキー入力データをバッファリングします。

<ご注意>
1.フルキーボードとエントリー1に、それぞれ別のパケット
  サイズを設定することはできません。

2.デリミタ転送モードとパケット転送モードの同時選択は
  できません。

<初期値> 通常転送モードが設定されています。

■06H デリミタ転送モード
[機  能] 指定したキーの押下でPCへデータを送信します。

[コマンド] 1BH 06H P1 P2

      P1・・・機種選択
         01H:フルキーボード
         02H:エントリー1
         03H:両方混在

      P2・・・デリミタキーの指定

<参 照> キーコード表

[解  説]
 フルキーボードもしくは、エントリー1から入力されたキーデータをPCに送信するデリミタキーを指定します。
デリミタキーが押されるまでのデータは、エントリー1内にバッファリング(蓄積)されます。機種選択でフルキーボード、もしくはエントリー1を選択した場合に、もう一方は通常の転送状態になります。
両方混在を指定した場合は、いずれかのデリミタキー入力でデータ転送を行ないそれまではフルキーボードとエントリー1の区別無しに、キー入力データをバッファリングします。
本モードを解除して、通常の転送モードに切換えたい場合にはパケット転送モードのコマンドを利用して、P2のパケットサイズを00H (通常転送モード)にしてください。

<ご注意>
 1.フルキーボードとエントリー1に、それぞれ別のデリミタを設定することはできません。

 2.パケット転送モードとデリミタ転送モードの同時選択は
   できません。

■07H ディレイタイム設定
[機  能]
 PCへのデータ送信にディレイ(送信待ち時間)を入れます。

[コマンド] 1BH  07H  P1

      P1・・・ディレイタイム
         00H〜FFH

[解  説]
 エントリー1から入力されたデータを、PC送信する各データ間に待ち時間を入れます。PCに転送するデータ量が多い場合やPCでの処理に時間がかかる場合に利用します。ディレイタイムは、最小0秒(ディレイ無し)から最大5.12秒まで、0.02秒単位に設定できます。

  P1        ディレイタイム
  00H ・・・・・・・・0.00秒(ディレイ無し)
  01H ・・・・・・・・0.02秒
  02H ・・・・・・・・0.04秒
   ・           ・
   ・           ・
  FFH ・・・・・・・・5.12秒

エントリー1では、キー入力をバッファリングしています。
バッファフルになるとキーボードからのデータ入力を無視します。

<ご注意 >
デリミタ転送モードもしくはパケット転送モードで機種選択がされている場合には、選択されている機種からのキー入力データにのみディレイをかけて、PCにデータを転送します。

<初期値>
 初期設定値として00H(ディレイ無し)が設定されています。

コマンドリファレンス一覧表へ戻る