◆F9 リセット
エントリー1全体もしくは、各部分のリセットを実行します。
設定条件が全て初期設定値に戻りますので、リセットの扱いには十分注意して行なってください。

● 設定メニュー一覧
1:フルキー リセット フルキーボードのリセット
2:フルリセット エントリー1のフルリセット
3:LCD リセット LCD関係のリセット
4:キーマクロ リセット キーマクロのリセット
5:キーコン リセット キーコンのリセット
6:ハンテン リセット 特殊キー反転の処理
リセットの実行については、メニューのカーソルを移動させ指定するか、メニュー画面より番号入力で直接指定します。
機能が選択された時点で処理を行い、初期画面に戻ります。
但し、フルリセット実行後は、全てのデータがイニシャライズされ初期画面に戻ります。その他のリセット後は、サービスメニューに戻ります。
● 反転リセットについて

シリアルもしくはパラレル接続時において、フルキーボードの特殊キーの押下状態と、PC内部の押下状態が違ってしまう場合があります。
キー押下のデータには、押された状態のMAKEコードと、離された時のBREAKコードがPC本体に送られます。
特殊キーについては、ONとOFFの状態をPC本体がチェックしていないのであるタイミングでデータをとりこぼすと、特殊キーの押下状態が反転してしまいます。例えばCAPSが押下されていないのに英大文字が出る等です。
このような場合に、反転リセットを利用します。

  〔特殊キー反転の処理〕

    1.SHIFT ハンテン
    2.CAPS ハンテン
    3.カナ ハンテン
    4.GRPH ハンテン
    5.CTRL ハンテン

押下状態が反転している特殊キーの項目を選択してください。
ヘルプキーで、反転リセットが実行され、リセットのメニューに戻ります。
目次へ戻る