◆F2 キーコンデータ設定
キーコンとは、キーコードコンバートを意味します。
フルキーボードから入力されたデータを、他のデータにコンバート(変換)してPCに出力します。
この機能を利用して、フルキーボードのキー配列を自由に変更することや1つのキー入力を複数のキーコードに変更することも可能です。
この機能には8種類のトリガー条件があり、特殊キーの押下状態の組合せで1キーにつき8パターンのコンバートが設定可能です。また、1キーのコンバートは、最大15ストロークの入力が可能です。

例えば・・・
  1. カナキーの押下状態の時にのみ、自分で考えたローマ字配列にする。
  2. CAPS+SHIFTキーの押下状態の時にのみ、10キーの押下でコマンドを発行する。
など、自由に幅広くお使い頂けます。

<ご注意> 本機能を利用するには、エントリー1がシリアル接続状態に
      されていることが条件となります。

<参照> シリアル接続
● トリガー条件一覧
 1.ノーマル      特殊キー押下のない状態で有効
 2.シフト       シフトキーの押下時に有効
 3.CAPS      CAPSキーの押下時に有効
 4.CAPS+シフト  CAPS+シフトキーの押下時に有効
 5.カナ        カナキーの押下時に有効
 6.カナ+シフト    カナ+シフトキーの押下時に有効
 7.GRPH      GRPHキーの押下時に有効
 8.CTRL      CTRLキーの押下時に有効

● キーコンデータ設定手順
1.特殊キー解除
フルキー入力は、フルキーボードの全特殊キーを解除してから始めてください。
特殊キーは、以下の通りです。

    SHIFT
    CAPS
    カナ
    GRPH
    CTRL

2. トリガー条件選択
トリガー条件の選択をします。
↑↓キーでメニューをスクロールさせ、数字キーもしくはリターンキーにて選択します。
(選択されたトリガー条件の時に、コンバートされます。)

3.フルキー入力
フルキーボードからのコンバートされる文字のキー入力待ち画面になります。

 KEY INPUT(max15)
  & ENTRY RETkey

この状態で、登録する文字(文字列)をフルキーボードから入力します。
入力が終了したら、エントリー1のリターンキーを押下します。

<ご注意>
1.特殊キーの押下と解除は、各々1ストロークになります。
2.最大キー押下数は、ストローク数で文字数ではありません。
3.入力中の特殊キーの押下は、全て解除してから
   終了してください。

4.キー指定
3で登録された文字(文字列)を設定するキー入力待ち画面になります。

 PUSH setkey
  (Full keyBoard)

この状態で、フルキーボード上の設定するキーを押下します。
フルキーボード上であれば、どのキーでも設定可能です。

5.設定終了(設定続行)

 Set another key?
    Yes:1 No:0

Yes:1 他のキーコンデータの設定を行なう場合
     フルキー入力待ち画面に戻ります。

No :0 設定を終了する場合
     ユーザーサービスメニューに戻ります。

<ご注意> 本設定は、ユーザーサービス中においては動作しません。
● キーコンデータの設定例

キーコンデータのトリガー条件としてシフトを選択し、ESCキーに文字列
「ENTRY−1」を登録してみます。
  1. フルキーボードの特殊キーを解除してください。


  2. エントリー1のHELPを押下して、ユーザーサービス機能のメニューを表 示させてください。


  3. F・2:キーコンセットにカーソルを合せてRETを押下してください。
     ・トリガー条件の選択画面になります。


  4. 2.キーコンシフトにカーソルを合わせてRETを押下してください。
     ・フルキーボードからの入力待ち画面になります。


  5. フルキーボードの CAPSを押下してください。
     ・英大文字モードにします。


  6. ENTRY-1と続けて入力してください。


  7. エントリー1のRETを押下してください。
     ・入力を終了して、セットするキーの入力待ち画面になります。


  8. フルキーボードのESCを押下してください。
     ・「ENTRY−1」の文字列をESCキーに設定します。


  9. エントリー1の0を押下してください。
     ・0で設定の終了です。
       最初のユーザーサービスメニューに戻ります。


  10. エントリー1のHELPを押下してください。
     ・ユーザーサービス機能を終了します。


  11. フルキーボード上で SHIFTと同時にESCを押下してみます。(実行)
     ・PCの画面上に「ENTRY−1」と表示されます。


*SHIFTが押下されていない状態の場合は、通常のESCキーとして動作します。
目次へ戻る