◆F1 キーマクロ設定
フルキーボードからのキーストローク(入力動作)を、マクロとしてエントリー1上のヘルプを除く29キー個々に登録することが可能です。各キーには、最大64までのキーストロークが登録可能です。

<ご注意>
ヘルプキーは、ユーザーサービス機能の起動に設定されていますので、キーマクロ は設定できません。
登録するとユーザーサービス機能が実行できなくなります。

<参 照> キーコン・キーマクロ コマンド注意事項
● キーマクロ設定手順
1.特殊キー解除
フルキー入力は、フルキーボードにある以下の特殊キーを全て解除してから始めます。
        ・SHIFT
        ・CAPS
        ・カナ
        ・GRPH
        ・CTRL

2.フルキー入力
サービスメニューからキーマクロセットを選択すると、フルキーボードからのキー入力待ち画面になります。

 KEY INPUT(max46)
  & ENTRY setkey

この状態で、マクロ登録するキー入力動作をフルキーボードから入力します。

<ご注意>
・特殊キー押下と解除はそれぞれ1ストロークになります。
・1つのキーマクロに、登録できるストローク数は
  最大64ストロークです。

3.キー指定
フルキーボードからの入力が終了しましたら、エントリー1上のキーを押下して、キーの割当てを指定します。

<ご注意>
・設定終了時には、フルキーボードの特殊キーは全て解除されている状態で設定終了にしてください。
.ヘルプキーには指定しないでください。

4.マクロ設定終了(設定続行)

 Set another key?
    Yes:1 No:0

Yes:1 他にマクロ設定するか、設定をもう一度やり直す場合
     フルキー入力待ちに戻ります。

No :0 設定を終了したい場合
     ユーザーサービスメニューに戻ります。


● キーマクロ設定例

キーマクロ設定の、実行例としてエントリー1のF1キーにMS−DOSコマンドのDIR(ディレクトリ)を登録してみます。

<ご注意> PC上ではOSとして、MS−DOSが動作している
      ものとします。
      〔MS−DOSは米国マイクロソフト社の登録商標です。〕

以下の方法で「Dir /w RET 」を登録します。
  1. フルキーボードの特殊キーを解除してください。


  2. HELP を押下して、ユーザーサービス機能のメニューを表示させてください。


  3. F1または、キーマクロセットにカーソルを合わせてRETを押下してください。
     ・フルキーボードからの入力待ち画面になります。


  4. フルキーボードのCAPSを押下してください。
     ・D を入力する為に英大文字モードにします。

  5. Dを入力してください。


  6. フルキーボードのCAPSを押下してください。
     ・CAPS を解除して英小文字モードにします。

  7. i,r,スペース,/,w,RETと続けて入力してください。
     ・4),5),6),7)は、登録する文字列の入力です。

  8. エントリー1の F1 を押下してください。
     ・フルキーボードより入力したキーストロークを
       エントリー1上の F1にセットします。

  9. エントリー1の 0を押下してください。
     ・0で、キーマクロ設定の終了です。
     ・エントリー1の F1 に Dir/w RET と、登録できました。
     ・最初のユーザーサービスメニューに戻ります。

  10. エントリー1の HELPを押下してください。
     ・ユーザーサービス機能を終了します。

  11. エントリー1の F1を押下し、設定されたマクロを実行させてください。
     ・PC上で "Dir /w"が表示され、DIR コマンドが実行されます。


目次へ戻る