第2章 機能活用

エントリー1の機能を活用するには、次の2つの方法があります。

   1.ユーザーサービス機能を利用する。
   2.PCよりプログラムでコントロールする。

本章では、ユーザーサービス機能について解説します。
またPCより、プログラムでコントロールを行なう場合は第3章のプログラミングをご覧ください。
■ ユーザーサービス機能概要

ユーザーサービス機能とは、エントリー1のヘルプキーを押下することにより、エ ントリー1自身がユーザーに提供できる特別のサービスで、次の9種類があります。
 1.キーマクロ設定    
 2.キーコン設定     
 3.ユーザーキャラクタ設定
 4.電卓         
 5.パスワード設定    
 6.拡張ポート設定    
 7.フルキー配列選択   
 8.環境設定       
 9.リセット       
10.バックアップモード  
ヘルプキーを通常キーとして使用したい場合は、ユーザーサービスモードをOFFにしてください。
■ ユーザーサービスモード

ユーザーサービス機能を利用するには、ユーザーサービスモードをONにしてください。(ON/OFF状態はバックアップされます。)
 ユーザーサービスモード ON


エントリー1の"1"と"リターン"を同時に押下しながら、PC本体の電源投入を行ってください。ヘルプキー押下で、ユーザーサービスが提供されます。

 ユーザーサービスモード OFF


通常のヘルプキーとして利用するには、ユーザーサービスの「F8環境設定」に用意されている「7.サービスモード」を選択してOFFにするか、エントリー1の"0"と"リターン"を同時に押下しながら、PC本体の電源投入を行って下さい。

<参照> サービスモードの設定
<ご注意>
バックアップ期間はフル充電時において約10日間です。
(バックアップ期間は、目安であり保証期間ではありません。)
ユーザーサービスモードがONの状態でのオープニングメッセージです。

 ENTRY−1 Ver×.××
 ユーザー サービス モード


■サービスメニュー

エントリー1上のヘルプキーを押下します。
LCDには次のように、提供できるユーザーサービスメニューの一部が表示されます。

 F・1: キーマクロ セット
 F・2: キーコン セット


下方向の矢印を押下してください。
メニュー画面がスクロール表示され、次のようなユーザーサービスメニューが次々に表示されます。
 F・1: キーマクロ セット 
 F・2: キーコン セット  
 F・3: ユーサ゛ーキャラクタ
 F・4: テ゛ンタク     
 F・5: ハ゜スワート゛   
 F・6: *****     
 F・7: フルキー ハイレツ 
 F・8: カンキョウ セット  
 F・9: リセット      
F・10:ハ゛ックアッフ゜   
HELP:EXIT       
上矢印で逆方向にスクロール表示します。

■ サービス機能選択

ユーザーサービス機能は、全部で9つのサービスが準備されており2種類の選択方法があります。
  1. ユーザーサービスメニューの画面から直接ファンクションキーで選択します。
  2. ↑↓キーでメニューをスクロールさせ、LCD左側に出ているカーソルを、受けたいサービスメニューに合わせて、リターンキーで選択します。

■ サービス機能終了

ユーザーサービス機能を終了したいときは、EXIT(サービスメニューの1番下)を選択するか、もう一度ヘルプキーを押下してください。

<ご注意> F4・電卓機能の終了は方法が異なります。

<参 照> 電卓機能の終了
■ サービス機能についての注意事項
  1. F6は将来の機能拡張に備えて、システムリザーブとなっていますので、現状ユーザーが利用することはできません。
  2. ユーザーサービス機能中で、ヘルプキーに機能を設定することはできません。
    ヘルプキーに機能を設定する場合は、PC本体からのコマンドで設定してください。
  3. ユーザーがエントリー1に独自のキー配列を設定した状態で、ユーザーサービスの機能を利用しようとする場合には、キー配列とエコーバックデータの設定に注意してください。
  4. ユーザーサービス機能中の各設定は、ユーザーサービス機能を終了した後に有効となります。

目次へ戻る