第1章 使用方法


■ 接続時の注意事項
  1. エントリー1をPCのキーボードコネクタに接続する際には、PC本体の電源が切れている状態で行なってください。
  2. キーボードコネクタは、ミニDIN6ピンのPS2コネクタを使用しておりますのでコネクタに接続する際には、ピンを折らないよう挿入方向に十分注意してください。
  3. コネクタを外す際には、ケーブルを持たずにコネクタ部分を持ってください。

■ PC本体への接続

PC本体の電源は切れている状態で、用途に合わせた接続を行なってください。

1.シングル接続(エントリーの下位にキボードを差さない場合)

(1)デスクトップタイプの場合は、フルキーボードのコネクタをPC本体から抜いてください。
(2)エントリー1から出ているコネクタをPC本体のキーボードコネクタに挿入してください。
 ※ 工場出荷の状態では、この接続用途に設定されております。


各種機器への組込やアプリケーションのルーチンワーク等、PCを特定用途で使用する場合に、フルキーボードの替りに簡単に使用できます。


2.シリアル接続


DOS/V ENTRY−1は、フルキーボードとPC本体の間にシリアル(直列)接続が可能です。

(1)フルキーボードのコネクタを、PC本体から抜いてください。
(2)エントリー1から出ているコネクタを、PC本体のキーボードコネクタに挿入してください。
(3)フルキーボードのコネクタを、エントリー1上部側面にあるコネクタに挿入してください。
 ※ この接続を行う場合には、ENTRY−1を設定する必要があります。
 ※ 2章の機能設定をご参照下さい。



プログラムの開発からワープロ、作表計算等のアプリケーションソフトまでPCを利用する用途に、インテリジェントなキーボードとして、幅広くご活用頂けます。


3.バーコードリーダの接続


DOS/V ENTRY−1は、オプションにてバーコードリーダが接続可能です。
バーコードリーダを接続したい場合には、ご注文時にお申しつけ下さい。
後からのバーコードリーダを追加する事はできませんので、ご注意願います。

  1. エントリー1の背面(キーボードケーブルとキーボードコネクタの間)にバーコード接続用のコネクタが用意されております。
    ここに、別途用意されたバーコードリーダを接続して下さい。
  2. 上記2通りより、キーボードの接続を選択し、必要に応じて設定を行って下さい。

※ この接続を行う場合には、ENTRY−1を設定する必要があります。
※ 2章の機能設定をご参照下さい。



このバーコードリーダから読み込まれた内容は、エントリー1のLCDにも表示されます。
読み込まれたバーコードを確認しながら、数量等を入力する作業に威力を発揮します。
また、この機種の場合は、バーコードリーダを外しても通常のエントリー1としてご利用頂けます。



■ 基本動作の確認

接続(設定を含む)が完了した状態で、エントリー1の基本動作確認を行います。
各種設定方法に付いては、2章の機能設定をご参照下さい。

<ご注意>
PC本体の電源が投入されている状態では、コネクターの抜き差しは絶対に行わないでください。故障の原因になります。

1.接続を確認した状態で、PC本体の電源を入れてください。


問題が無く、OSが起動されるか確認を行って下さい。
その後、以下の確認用にメモ帳(入力文字を確認するソフト)を起動して下さい。

2.エントリー1ではオープニングメッセージが表示されます。


次のようなオープニングメッセージがエントリー1上部のLCDに表示されます。

ENTRY−1 Ver ×.××
 Technical Corp.
表示内の×.××は、現在のエントリー1ROMバージョンが表示されます。
このメッセージは、どれかキーを押下する事にて消去されます。(工場出荷設定の場合)

3.エントリー1のキー「5」を押下してください。


LCD表示には、入力キーデータがエコーバックされて下記のような表示になります。

5               
                
また、入力が受付けられて、入力した文字(5)がメモ帳に表示されるか確認を行って下さい。
バージョンメッセージは、どれかキーを押下する事にて消去されます。(工場出荷設定の場合)

4.フルキーボードのリターンキーを押下してください。(接続を行う場合)


入力が受付けられて、入力した文字がメモ帳に表示されるか確認を行って下さい。



目次へ戻る