1-3 操作方法(初期設定値)

1)読み取りヘッドを持ちバーコードラベルに近づけます。
  この時の操作要領は

 ・読み取りヘッドの読み取り窓の中心と、バーコードラベルの中心を
  合わせるようにします。

 ・読み取り窓ごしにバーコードラベルが見えるようにバーコードラベルに
  近づけます。

 ・読み取りヘッドをバーコードラベルの高さ方向に上から下へゆっくりと
  移動させるように操作すると読み取り易い場合もあります。

2)バーコードラベルを読み取るとブザーが1回鳴ります。
   (設定により無音にすることも可能です)

3)同じバーコードラベル又は同じキャラクタのバーコードラベルを
  もう一度読み取る場合は、一度読み取りヘッドをバーコードラベルから離して
  再度バーコードラベルに近づけて読み取らせます。
  この操作をくり返して下さい。

4)色地ラベル、印刷状態の悪いラベルの場合、読み取りにくいことがあります。
  この場合はバーコードリーダの後部を持ち上げて読み取らせて下さい。

<注意事項>

1)読み取りヘッドには光学部品を内蔵していますので落としたり、
  ぶつけたりしないで下さい。
  故障の原因となります。

2)直接日光の当たるところや、暖房器具のそばでの使用は避けて下さい。
  故障の原因となります。

3)次のようなバーコードラベルは読み取れない場合があります。

 ・水滴や霜が表面についているラベル。
 ・よごれ、かすれ、にじみのあるラベル。
 ・読み取り窓より大きいラベル。
 ・バーの色が赤や黄色のラベル。

4)バーコードリーダの窓を清潔にして下さい。

 ・乾いたやわらかい布でからぶきして下さい。
 ・シンナー、ベンジン等の揮発性のものは、絶対に使用しないで下さい。
  また、水洗いも絶対におやめ下さい。

目次  1-1  1-2(1)  1-2(2)  2-1(3)

 第1章  第2章  第3章  第4章  第5章