3-3 データ転送手順

1)UPC−A

転送桁数調整用先頭キャラクタ「0」及びチェックデジットC/Dの転送の 要否を選択できます。
 (「0」はC/Dと合わせてEAN−13と同桁数に調整するための付加キャラクタ)

0 S X1 X2 X3 X4 X5 X6 X7 X8 X9 X10 C/D
S:ナンバーシステムキャラクタ

2)UPC−E

ZEROサプレスフォーマット(読み取りデータをそのまま転送する)とZERO インサートフォーマット(UPCに規定されている「0」を読み取りデータに挿入して 転送する)のいずれかを選択できます。
そして、転送桁数調整用先頭キャラクタ「0」及びチェックデジットC/Dの転送の要否も選択できます。(「0」はC/Dと合わせて、EAN−8、EAN−13と同桁数に調整するための付加キャラクタ)

ZEROサプレスフォーマット

  0 X1 X2 X3 X4 X5 X6 C/D

ZEROインサートフォーマット

  X6 = 0−2: 0 0 X1 X2 X6 0 0 0 0 X3 X4 X5 C/D
  X6 = 0  : 0 0 X1 X2 X3 0 0 0 0 0 X4 X5 C/D
  X6 = 4  : 0 0 X1 X2 X3 X4 0 0 0 0 X5 C/D
  X6 = 5−9: 0 0 X1 X2 X3 X4 X5 0 0 0 0 X6 C/D

3)EAN−13

Y1 Y2 X1 X2 X3 X4 X5 X6 X7 X8 X9 X10 C/D
Yn:フラグナンバーキャラクタ

4)EAN−8

Y1 Y2 X1 X2 X3 X4 X5 C/D
Yn:フラグナンバーキャラクタ

5)2 of 5 Interleaved / 2 of 5 Standard

スタートコードの次のキャラクタからストップコードの前のキャラクタまで 順に転送します。(スタート、ストップコードは転送しません)

6)NW7(CODABAR)/CODE39

スタートコードとストップコードの転送要否を選択できます。
スタート/ストップコードの転送が許可されている場合、NW7(CODABAR)の転送スタート/ストップコードは小文字”a/b/c/d”と大文字”A/B/C/D”のいずれかを選択できます。CODE39は”*”です。



 目次  3-1  3-2  3-3  3-4  3-5

 第1章  第2章  第3章  第4章  第5章