低価格・高品質なバーコードならテクニカル
第1章第2章第3章handbookトップへ

第3章 バーコード徹底活用事例集

1:【実践サンプル1】同時に24枚印刷可能な値札バーコードの作成
2:【実践サンプル2】切取可能なクーポン形式のバーコードの作成
3:【実践サンプル3】英字や記号が混ざったデータのバーコードの作成
4:【実践サンプル4】少ないスペースでコンパクトに印刷できるバーコードの作成
5:【実践サンプル5】郵便料金を節約できるカスタマバーコードの作成

5:【実践サンプル5】郵便料金を節約できるカスタマバーコードの作成


バーコードコントロールでは、郵便物を自動処理するためのカスタマバーコードにも対応しています。カスタマバーコードを印刷した郵便物は、1,000通以上まとめて出すと郵便料金が5%割引になる特典があります。ここでは、顧客宛てのDMハガキにカスタマバーコードを付けて印刷する方法を解説します。

※カスタマバーコードの利用方法に関する詳しい内容は、最寄の郵便局に問い合わせてください。

◎ここで作成する印刷物


◆作成までの流れ
Accessでは、ハガキや宛名ラベルを作成する際に、カスタマバーコードを付加することができます。たとえば、この機能を使ってカスタマバーコード付きのDMハガキを作成するには、次の手順で操作します。

【手順1:はがきウィザードの起動】
・データベースウィンドウから「レポート」を選択し、[新規作成(N)]ボタンをクリックします。
・「新しいレポート」ダイアログボックスから、「はがきウィザード」を選択し、基になるテーブルを選択して[OK]ボタンをクリックします。

【手順2:はがきの種類の選択】
・[はがきのテンプレート]の中から「私製はがき」を選択します。
・[文字の向き]に[縦書き]をONにします。
・[カスタマバーコードの向き]をONにして、[横]をONにします。
・[次へ(N)]ボタンをクリックします。

※ここでは、宛名の印刷は縦書きですが、カスタマバーコードは横向きになるように設定してレイアウトを整えています。これは、カスタマバーコードの向きを縦にすると、住所の先頭にバーコードが大きく表示されてしまい、受け取った相手に対して失礼となる場合があるほか、見た目のバランスも悪くなるからです。

【手順3:印刷する項目の指定】
・はがきに連結するフィールドを次の図のように指定して、[完了(F)]ボタンをクリックします。


【手順4:カスタマバーコードの参照データの設定】
・作成されたレポートをデザインビューで開き、カスタマバーコードのバーコードコントロールの上で右クリックして[プロパティ(P)]を選択します。
・「コントロールソース」プロパティの値を「=[郵便番号]&[住所2]」に変更します。

※[住所2]フィールドには、住所の地番のみのデータが入力されていることとします。
上記の操作を行うと、次のようなレイアウトのハガキのレポートが作成されます。レポートに挿入されたカスタマバーコードは、通常のバーコードコントロールと同様に位置やサイズを変更したり、各種のプロパティを変更することができます。作成された直後のカスタマバーコードには、初期設定で次のようなプロパティが設定されています。

◎作成されたレポート


◎バーコードコントロールのプロパティ
項目
[スタイル(S)] 10-カスタマバーコード
[サブスタイル(U)] 空白
[データの確認(V)] 0-無効なら非表示
[線の太さ(W)] 0-極細線
[バーコードの向き(R)] 0-0度

◆カスタマバーコードを作成するときの注意点
カスタマバーコードは、「郵便番号7桁+住所の地番」の値を基にして作成されます。バーコードには、数字、英大文字およびハイフンのみ使用可能で、郵便番号は「-」を除いた値を、住所の地番は丁目や番地を「-」で区切った形式でそれぞれ指定します。たとえば、郵便番号が「151-0073」で住所の地番が「東京都渋谷区笹塚 1-50-1」の場合は、「15100731-50-1」という値をカスタマバーコードで参照できるようにします。

サンプルでは、[手順4]でカスタマバーコードの「コントロールソース」プロパティの値を「=[郵便番号]&[住所2]」に変更することで、この仕様に対応しています。なお、このとき基になる[住所2]フィールドには、住所の地番のみのデータが入力されている必要があります。また、カスタマバーコードで表現できる範囲は、郵便番号と住所を合わせて20文字までのため、範囲を超えた値を指定した場合は20文字以降の値はバーコード化されないので注意が必要です。

※カスタマバーコードにはチェックデジットが付加されますが、自動的に計算されるために、ユーザーはチェックデジットを付加する必要はありません。
※「USB BARScan」は、カスタマバーコードの読込みには対応していません。
製品の情報 バーコードハンドブック