低価格・高品質なバーコードならテクニカル
第1章第2章第3章handbookトップへ

第2章 バーコード印刷のための基礎知識

1:レポートにバーコードの表示2:バーコードの印刷サイズの変更3:バーコードの種類の変更
4:バーコードの基のデータの値を隠す|5:バーコードの向きをカスタマイズ|6:Excelのデータをバーコードで利用出来る様にする

5:バーコードの向きをカスタマイズ


レポートに配置したバーコードコントロールでは、用途に応じてバーコードの印刷の向きを変更することができます。たとえば、バーコードの表示を270度回転させるには、バーコードコントロールの上で右クリックして[Microsoftバーコードコントロール9.0オブジェクト(O)]→[プロパティ(P)]を選択し、表示された「Microsoft バーコードコントロール9.0のプロパティ」ダイアログボックスの「全般」タブ内にある[バーコードの向き(R)]から「3-270度」を選択します。
このとき、バーコードとテキストボックスを並べて配置している場合は、テキストボックスの文字の角度もバーコードと揃えておくと見た目のバランスが良くなります。この場合、テキストボックスにはフォント名の先頭に「@」が付くフォント(文字の向きを垂直に回転させたフォント)を指定し、[縦書き]プロパティの値を「はい」に設定するのがコツです。

◎バーコードの向きをカスタマイズする


◎印刷結果
製品の情報 バーコードハンドブック