低価格・高品質なバーコードならテクニカル
第1章第2章第3章handbookトップへ

第2章 バーコード印刷のための基礎知識

1:レポートにバーコードの表示2:バーコードの印刷サイズの変更|3:バーコードの種類の変更
4:バーコードの基のデータの値を隠す5:バーコードの向きをカスタマイズ6:Excelのデータをバーコードで利用出来る様にする

3:バーコードの種類の変更


バーコードコントロールでは、あらかじめ用意されている11種類のバーコードの規格から、用途に合ったバーコードの種類を選択することができます。また、レポートに挿入したバーコードは、後から種類を変更することも可能です。レポートに挿入したバーコードの種類を変更するには、バーコードコントロールの上で右クリックして[Microsoftバーコードコントロール9.0オブジェクト(O)]→[プロパティ(P)]を選択し、表示された「Microsoft バーコードコントロール9.0のプロパティ」ダイアログボックスの「全般」タブ内にある[スタイル(S)]から目的のバーコードを選択します。


バーコードコントロールでは、一般的に普及している次のような11種類の規格のバーコードを[スタイル(S)]の中から選択することができます。

◎利用可能なバーコード規格の種類
[スタイル(S)]の値 バーコード規格 用 途
0 - UPC-A UPC-A 商品のマーキングに広く使用されているPOSシンボルで、米国とカナダで利用されている。
1 - UPC-E UPC-E UPCの短縮バージョンで、標準バージョンのシンボルが印刷できないような小さい商品に使用する。
2 - JAN-13 JAN-13 国際規格のPOSシンボルで、書籍や雑誌などを含め、すべての商品に使用する。
3 - JAN-8 JAN-8 JANの短縮バージョンで、標準バージョンのシンボルが印刷できないような小さい商品に使用する。
4 - Casecode Casecode 製造会社や卸し売り会社が小売り店に商品を出荷するとき、梱包箱の外側に表示するシンボル。
5 - NW-7 NW-7(CODABAR) 英数字を表現できるシンボルで、コンピュータ機器などの特殊な商品のパッケージに表示する。
6 - Code-39 CODE39 英数字と記号を表現できるシンボルで、FA(Factory Automation)をはじめ、工業用として広く使用されている。
7 - Code-128 CODE128 フルASCIIの128文字をコード化したで、圧縮バージョンもある。
8 - US Postnet US Postnet 処理を自動化するために郵便物に表示するシンボルで、米国で利用されている。
9 - US Postal FIM US Postal FIM 処理を自動化するために郵便物に表示する特殊なシンボルで、米国で利用されている。
10 - カスタマバーコード カスタマバーコード 処理を自動化するために郵便物に表示するシンボルで、日本で利用されている。
製品の情報 バーコードハンドブック