低価格・高品質なバーコードならテクニカル
第1章第2章第3章第4章第5章handbookトップへ

第3章 ワークシートにバーコードを表示させてみよう!

1:バーコード用フォントとは|2:バーコード用フォントをインストールする


3:入力した商品コードの値をバーコードに変換して別のセルに表示する

2:バーコード用フォントをインストールする


ExcelのワークシートやWordの文書などでバーコードを表示させるには、バーコード用フォントをWindowsの「フォント」にインストールする必要があります。インストールしたバーコード用フォントは、通常のフォントと同じように文字や数値に設定して利用することができます。たとえば、上記のページからダウンロードした「CODE39」規格のバーコード用フォント「CODE39.ttf」を利用できるようにするには、Windows XPでデスクトップを表示した状態から次のように操作します。
※ここでは、ダウンロードした「CODE39.ttf」をCドライブの「Temp」フォルダに保存していることとします。

【手順1:「コントロールパネル」ウィンドウの表示】
・[スタート]→[コントロールパネル(C)]を選択します。
※Windows98/Me/2000の場合は、[スタート]→[設定(S)]→[コントロールパネル(C)]を選択します。

【手順2:「フォント」ウィンドウの表示】
・「デスクトップの表示とテーマ」アイコンをクリックします。
・表示された「デスクトップの表示とテーマ」ウィンドウの左上にある「フォント」をクリックします。
※Windows98/Me/2000の場合は、「フォント」アイコンをダブルクリックします。

【手順3:「フォントの追加」ダイアログボックスの表示】
・[フォント(F)]→[新しいフォントのインストール(I)]を選択します。

【手順4:目的のバーコード用フォントのインストール】
・[ドライブ(V)]には「Cドライブ」を選択します。
・[フォルダ(D)]には「Temp」フォルダを選択します。
・[フォントの一覧(F)]の中から「CODE39 True Type」を選択します。
・[OK]ボタンをクリックします。
製品の情報 バーコードハンドブック