低価格・高品質なバーコードならテクニカル
第1章第2章第3章第4章第5章第6章handbookトップへ

第4章 バーコードの体系

1:主要なバーコードの種類と特徴2:JAN(EAN)-8/13(2001年1月改正) 3:PLUとNON-PLU
4: ソースマーキングとインストアマーキング5:CODE39 6:lndustial 2 of 57:ITF(lnterleaved 2 of 5)
8:NW-7(CODABAR)|9:UPC-A/E10:CODE9311:CODE12812:バーコードを選ぶポイント13:チェックデジット算出方法

8:NW-7(CODABAR)


CODABARは、1972年アメリカのモナークマーキング社で開発されました。1キャラクタは、Narrow(狭い)とWide(広い)の2種類の4本のバーと3本のスペース(計7本)で構成されており、NW-7とも呼ばれています。
データはA、B、C、Dのスタートコードとストップコードに挟まれます。スタートコードとストップコードは通常同じキャラクタが利用されます。データの長さに制限はありません。
表現できるキャラクタは、数字(0〜9)と記号(-,$,:,/,.,+)です。チェックデジットの付加は任意に選択できます。
このコードはITFに比べ誤読を起こしにくく、比較的単純な構成で高い印刷精度が要求されないため、宅配便の集配管理、血液銀行、図書館の業務管理、各種会員カード等広く利用されています。

製品の情報 バーコードハンドブック