低価格・高品質なバーコードならテクニカル
第1章第2章第3章第4章第5章第6章handbookトップへ

第4章 バーコードの体系

1:主要なバーコードの種類と特徴2:JAN(EAN)-8/13(2001年1月改正) 3:PLUとNON-PLU
4: ソースマーキングとインストアマーキング5:CODE39 |6:lndustial 2 of 5|7:ITF(lnterleaved 2 of 5)
8:NW-7(CODABAR)9:UPC-A/E10:CODE9311:CODE12812:バーコードを選ぶポイント13:チェックデジット算出方法

6:lndustial 2 of 5


1960年代に米国で考案された数字用バーコードで、2 of 5 Standardとも呼ばれています。 情報はバーのみが持ち、スペースの部分は意味を持たない方式と、スペースの部分も白いバーとして使用する方式があります。後者の方式をMatrix 2 of 5といいます。前者は印字が容易ですが、Matrix 2 of 5の方が印字の際のキャラクタは数字(0〜9)のみとなります。データ長の制限はありません。 このコードは誤読率が高いため、現在ではあまり用いられていません。

製品の情報 バーコードハンドブック