低価格・高品質なバーコードならテクニカル
第1章第2章第3章第4章第5章第6章handbookトップへ

第4章 バーコードの体系

1:主要なバーコードの種類と特徴2:JAN(EAN)-8/13(2001年1月改正) 3:PLUとNON-PLU
4: ソースマーキングとインストアマーキング|5:CODE39 |6:lndustial 2 of 57:ITF(lnterleaved 2 of 5)
8:NW-7(CODABAR)9:UPC-A/E10:CODE9311:CODE12812:バーコードを選ぶポイント13:チェックデジット算出方法

5:CODE39


1975年にインターメックス社によって開発され、MIL規格(米国国防省)として採用されたコードです。 表示できるキャラクタは、数字とアルファベット(A〜Z)の他、記号(一,+,/,%,$,.,スペース)も扱います。データはスタートコードとストップコード(*)に挟みます。チェックデジットの不加は任意に選択できます(P30「4-10 チェックエジット算出方法」参照)。 データの長さに対する制限はなく、桁数はリーダーの読み取り範囲に合せて変更できます。 コードの幅は、同じ桁数を表わそうとした場合、NW-7やITFと比べて広く必要ですが、コードの誤読率は他のコードより低くなります。 そのため、自動車業界等、工業用(FA用)として現在最も広く使用されています。 コントロールシンボルを付加することによって、フルアスキーをコード化することが可能です。フルアスキーのシンボルをデコードするには、フルアスキーサポートのスキャナが必要です。

製品の情報 バーコードハンドブック