低価格・高品質なバーコードならテクニカル
第1章第2章第3章第4章第5章第6章handbookトップへ

第4章 バーコードの体系

1:主要なバーコードの種類と特徴2:JAN(EAN)-8/13(2001年1月改正) 3:PLUとNON-PLU
4: ソースマーキングとインストアマーキング|5:CODE39 6:lndustial 2 of 57:ITF(lnterleaved 2 of 5)
8:NW-7(CODABAR)9:UPC-A/E10:CODE9311:CODE12812:バーコードを選ぶポイント13:チェックデジット算出方法

4: ソースマーキングとインストアマーキング


加工食品や雑貨などの生産・包装段階で商品パッケージにメーカーが直接印刷したバーコードをソースマーキングといいます。ソースマーキングは、JAN8/13で世界的に統一されたコード体系をしています。
  これに対して、インストアマーキングはマーケット等小売業の社内用商品コードとして、生鮮食品やソースマーキングされていない商品に利用するプライベートなコードです。
  インストアマーキングに用いられるコード体系は、原則として各小売業者によって自由に設定できます。しかし、インストアマーキングされた商品もソースマーキングされた商品と同じスキャナで読み取られます。そのため、インストアマーキング用のシンボルも、多くの場合JANが利用されています。
  また、インストアマーキングにJANを用いる場合は、ソースマーキングと区別をつけるために、国コードの部分は02、もしくは20〜29の間の2桁を用います。データの桁数は、ソースマーキングと同じく、13桁の標準タイプと8桁の短縮タイプの2種類になります。どちらのタイプも最後の1桁は必ずチェックデジットになります。


インストアマーキングでJANコードを用いる場合には、PLU(価格データが含まれない)タイプと、NON−PLU(価格データを含む)タイプとに分けられます。参考までに各タイプのコード体系例を示します。各小売業と店舗の規模や販売方法、商品構成などに応じて体系を設定してください。
製品の情報 バーコードハンドブック