低価格・高品質なバーコードならテクニカル
第1章第2章第3章第4章第5章第6章handbookトップへ

第4章 バーコードの体系

1:主要なバーコードの種類と特徴2:JAN(EAN)-8/13(2001年1月改正) |3:PLUとNON-PLU|
4: ソースマーキングとインストアマーキング5:CODE39 6:lndustial 2 of 57:ITF(lnterleaved 2 of 5)
8:NW-7(CODABAR)9:UPC-A/E10:CODE9311:CODE12812:バーコードを選ぶポイント13:チェックデジット算出方法

3:PLUとNON-PLU


商品にあらかじめ印刷されているJANコードには、価格データが含まれていません。
これは、同じ商品でも店により販売価格が異なるためです。POSシステムを採用している店では、ストアコントローラと呼ばれる装置にあらかじめ商品コードと単価のデータを打ち込んでいます。
バーコードリーダーは、商品コードを読み取るとその商品コードの価格をストアコントローラに問い合わせをして価格データを探し出しているのです。
この方式をPLU(プライス・ルック・アップ)といいます。生鮮食料品など、品物の重量により価格が異なる場合には、小売店でバーコード内に価格をいれる場合もあります。
この方式をNON-PLU(ノン・プライス・ルック・アップ)といいます。

製品の情報 バーコードハンドブック