低価格・高品質なバーコードならテクニカル
第1章第2章第3章第4章第5章第6章handbookトップへ

第4章 バーコードの体系

1:主要なバーコードの種類と特徴|2:JAN(EAN)-8/13(2001年1月改正) |3:PLUとNON-PLU
4: ソースマーキングとインストアマーキング5:CODE39 6:lndustial 2 of 57:ITF(lnterleaved 2 of 5)
8:NW-7(CODABAR)9:UPC-A/E10:CODE9311:CODE12812:バーコードを選ぶポイント13:チェックデジット算出方法

2:JAN(EAN)-8/13(2001年1月改正)


JANコードとは、Japanese Article Number (日本商品コード)の略です。日本でも通産省が早くからJIS規格を設けて、国内でのバーコードの統一と普及をはかろうとし、研究開発を進めていました。
そして1987年4月に、ベルギーに本部をもつEAN(Europian Article Number)協会が管理するEANコードが、国際性の高さなどの理由でJANコードは13桁の標準バージョンと8桁の短縮バージョンがあり、どちらも基本的な構成は同じです。

 

  1. 国コード
    最初の2桁が国コードとなっています。
    日本には49と45が割り当てられています。

  2. メーカーコード
    次の5桁(短縮バージョンは4桁)が製造元を表わすメーカーコードです。
    自社のコードを登録したい場合には、流通コードセンターに登録申請を行い
    メーカーコードを発行してもらいます。

    株式会社テクニカルのメーカーコードは46122です。
    10万社のメーカーが登録可能で、このメーカーコードが一杯になると、
    国コードを45にして対応されます。
    ※2001年1月より、変更点があります。
  3. アイテムコード
    メーカーコードに続く5桁(短縮バージョンは1桁)が商品の種類を示すアイテムコードです。
    アイテムコード部は、メーカーが自由に設定する事が可能で、00000から99999までの
    10万品を超えるアイテムコードが必要な場合には、
    別のメーカーコードが追加されます。
    ※2001年1月より、変更点があります。
  4. チェックデジット
    リーダーが国コードからアイテムコードまでを正しく読み取れたかの確認に利用するコードです。
    詳しくは、P30「4-10 チェックデジット算出方法」を参照して下さい。


世界各国の国コード
EANコードでは最初の2桁00-99を国コードとし、加盟国が増えることを想定して、国と国の間に空番号を設けてあります。
しかし2桁では全ての国コードに続く一行を小数点コードとして分割し、別々の国に割り当てることになったのです。
以下にEAN加盟国の国コードを示します。 身の回りにある輸入品のお菓子等にバーコードが印刷されていたら、国コードを見ると、どこの国から来たかわかります。

EANの国コード一覧 (1994年8月現在)
国コード 国名
0〜9 アメリカ合衆国・カナダ
20〜29 EANリザーブ (+小売店用)
30〜37 フランス
38.0 ブルガリア
40〜44 ドイツ
46.0〜46.9 ロシア連邦共和国
47.1 台湾
48.9 香港
49・45 日本
50 イギリス
52.0 ギリシャ
52.9 キプロス
54 ベルギー・ルクセンブルク
56.0 ポルトガル
56.9 アイスランド
57 デンマーク
59.0 ポーランド
59.9 ハンガリー
60.0〜60.1 南アフリカ共和国
64 フィンランド
69.0〜69.1 中華人民共和国
70 ノルウェー
72.9 イスラエル
73 スウェーデン
75.0 メキシコ
75.9 ベネズエラ
76 スイス
77.0 コロンビア
77.3 ウルグアイ
77.5 ベルー
77.9 アルゼンチン
78.0 チリ
78.9 ブラジル
80〜83 イタリア
84 スペイン
85.0 キューバ
86.9 トルコ
87 オランダ
88.0 大韓民国
88.5 タイ
88.8 シンガポールイ
89.9 インドネシア
90〜91 オーストリア
93 オーストラリア
94 ニュージーランド
95.5 マレーシア

身の回りにある輸入品のお菓子等にバーコードが印刷されていたら、国コードをみると、どこの国から来たかわかります。
製品の情報 バーコードハンドブック