低価格・高品質なバーコードならテクニカル
第1章第2章第3章第4章第5章第6章handbookトップへ

第4章 バーコードの体系

1:主要なバーコードの種類と特徴2:JAN(EAN)-8/13(2001年1月改正) 3:PLUとNON-PLU
4: ソースマーキングとインストアマーキング5:CODE39 6:lndustial 2 of 57:ITF(lnterleaved 2 of 5)
8:NW-7(CODABAR)9:UPC-A/E10:CODE9311:CODE128|12:バーコードを選ぶポイント|13:チェックデジット算出方法
第4章 バーコードの体系 /Category of Barcode.
・4-1 JAN(EAN)-8/3 (2001年1月のコード体系変更説明)

2001年(平成13年)1月から、JAN13の内容が変更されます。
※短縮コード(総桁数:8桁)に付いては、変更はありません。

1.概要

今回の改正は、世界90カ国に普及しているEANコード(日本ではJANと呼ぶ)
を将来にわたって利用するために、限られたコードを有効的に利用する目的にて変更
されます。


2.変更の内容

従来までは、先頭の2桁が国コードであり、これに続く5桁がメーカーコードとして
定義されていましたが、今回の改正で「メーカーコード」が7桁となり、商品アイテ
ムコードが、5桁より3桁に縮小されます。

イ)既存のメーカーコード

現在のメーカーコードの前に、国識別コード(49または45)をつけて、7桁
として意識します。
基本的には、現行のままで使用可能ですが、3年毎に更新しない場合には、他の
割り当てにて、利用していたコードが再割り当てされる場合があります。

補足 49MMMMMIIIIIcd または、45MMMMMIIIIIcd
   Mはメーカーコード・Iが商品アイテムコードを表しています。

ロ)2001年1月以降に新規取得したメーカーコード

新体系では商品メーカーコードは9桁(国コード「45」の2桁を含む)、商品
アイテムコードは3桁となります。
実際に使われている商品アイテムコード数が数百以下の企業が全体の90%強を
占めている事が理由のようです。

補足 45MMMMMMMIIIcd
   Mはメーカーコード・Iが商品アイテムコードを表しています。

3.影響

桁数やチェックデジットの算出方法に変更はありませんので、弊社の製品はそのまま
ご利用いただけます。

基本的に13桁のバーコードを文字列として扱っている範囲では、変化はありません。

メーカーコードを特別に意識する場合のみ、操作が必要です。
※新メーカーコードを識別したい場合には、456xxxxの形となり、3桁目が6
 以降が新体制のコードとなるようです。
詳細や問い合わせ先については、以下のリンクをご参照願います。
(財)流通システム開発センター


もくじ

Technical Corp.

製品の情報 バーコードハンドブック