低価格・高品質なバーコードならテクニカル
第1章第2章第3章第4章第5章第6章handbookトップへ

第4章 バーコードの体系

1:主要なバーコードの種類と特徴|2:JAN(EAN)-8/13(2001年1月改正) 3:PLUとNON-PLU
4: ソースマーキングとインストアマーキング5:CODE39 6:lndustial 2 of 57:ITF(lnterleaved 2 of 5)
8:NW-7(CODABAR)9:UPC-A/E10:CODE9311:CODE12812:バーコードを選ぶポイント13:チェックデジット算出方法

5:主要なバーコードの種類と特徴


主要なバーコードの種類と特徴を以下に示します。
種類 シンボル 文字の種類 シンボル長/
チェックデジット
特徴 用途
JAN(EAN)
数字(0〜9)のみ 固定(13,8行)モジュラス10のウェイト3 ・共通商品コードとして全世界で使用されている
・日本でも共通商品コードとしてJIS規格化されている(JIS X 0501)
・食品雑貨用共通商品コード
CODE39 数字(0〜9)記号(-,スペース,$,/,+,%,.)アルファベット(A〜Z)スタート,ストップコード(*) 可変
モジュラス43
・英字の表現が可能・アメリカ国防総省のMIL規格で採用・工業用に広く使用されている ・FA分野(品番等)での利用
・米国自動車工業会(AIAG)
・米国電子部品工業会(EIA)
ITF
数字(0〜9)のみ 可変(JIS標準は14桁拡張は16桁、アドオンは6桁固定)
モジュラス10のウェイト3
・高密度な印字が可能・物流商品コードとして1987年にJIS規格化されている(JIS X 0502) ・物流分野(梱包箱)での利用
ビデオのバーコード予約
NW-7 数字(0〜9)記号(一,$,:,/,+,.)スタート,ストップ,コード(A〜D) 可変
モジュラス16
・プリンタで印刷しやすいモジュール構成 ・宅急便の荷札・DPE(写真プリント)用封筒
CODE128 数字(0〜9)
記号
アルファベット(フルASC・128文字)
可変
モジュラス103のウェイト1
・コンピュータ通信に必要な文字すべてサポート ・米国UCCの混載用物流シンボル

その他に用いられるバーコードの特徴を以下に示します。
種類 シンボル 文字の種類 シンボル長/
チェックデジット
>特徴
UPC 数字(0〜9)のみ 固定
バージョンA:12桁
バージョンB:6桁
(バージョンAの短縮版)
モジュラウス10のウェイト3
・共通商品コードとして米国で使用されている
CODE93 数字(0〜9)記号(-,スペース,$,/,
+,%,.)アルファベット(A〜Z)スタ
ート,ストップコード(□)制御キャ
ラクタ(4種)
可変
2個のチェックデジットを使用
Cはモジュラス47ウェイト1〜20
Kはモジュラス47のウェイト1〜15
・制御キャラクタを用いることによりフルアスキーの表現が可能
・チェックデジットを2つ持っている
INDUSTRIAL
2 OF 5
数字(0〜9)のみ 可変
モジュラス10
・誤読率が高い
製品の情報 バーコードハンドブック